向上心との上手な付き合い方

上手くなりたい向上心が強い人ほど、
上手くいかなかった時に
自分を責めてしまいがちですよね。
どうしたら、向上心と上手く付き合っていけるんでしょうか?
その答えは「出来た事を認める」です。
 
 
自己否定するほど上手くなりたい…
そんな情熱を上達へナビゲートする!
 
管楽器上達メンタルナビゲーターの
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 
楽器が上手くなりたいって、
演奏する誰もが
1度は思うことかもしれませんね。
 
 
じつは、この上手くなりたいという
向上心があるからこそ、
自分の演奏を批判して、
悪いところを直し、
良い所をさらに伸ばそうとする
場合があります。
 
 
実際、僕たちが幼いころから
学校の中で習ってきたやり方は
そういう感じではなかったですか?
 
ところが、これって
逆に自分を苦しめてしまう場合があります。
出来なければいつまでたっても
自分を否定しっぱなしになってしまうからです
 
 
じゃあどうすれば良いんでしょうか?
 

結論から言いましょう、それは
自分の出来たことを認めて、ほめていく
という選択もOKとするやり方です。

いままでの穴埋め式のような
自分の足りないところや失敗したところについて、
それではダメだと自分を追い込み、
それが出来るようになるまで練習を繰り返す。

というやり方を

自分が出来たところをまず認めて
その上で次はどんな風に演奏したいかを決めて
そしてチャレンジしてみる

に変えてみるわけです、そうすると 
まず自分が出来ている事を見つけられるようになります。

そして、出来ている事に目を向けるというのは
自分が、前の自分よりも成長した部分に目を向けている
という事なんです。

成長してるって、
つまり向上しているってことですよね。

 つまり
・足りないものを埋めること
・自分の出来ていることを認めること

この二つはどちらも
成長するために使える手段
ということです。

やり方が違うだけなんですよね。

このどちらでも、自分が選びたい方を選んでいいのです。

つらくなければ
成長できない訳ではありません。
皆さんにとって
健康的で、建設的なやり方を選んで大丈夫です!

ぜひ参考にしてください。
それではまた!

  
 





この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

☆★演奏者のためのステップアップ・レポート無料配布中★☆

僕が実践し、レッスンでも効果があった、演奏をレベルアップさせるコツ・自信を取り戻す方法など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要なものを詰め込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

ステップアップの為に、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください