PPで演奏する時でも、息の量は必要ですよ!

静かな音を求められる場面でも、
息の圧力を無くすと
管楽器は吹けなくなります!

 
自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 

もし、合奏している時、
静かな雰囲気の音楽を
演奏するシーンに入ったら、
普段どんな風に
演奏していますか?

演奏の仕方を見直してみると
PPの様な「静かに!」という
指示があったら

ブレスの量も減らしながら
吹いている、なんてことを
やってしまってないでしょうか?

静かな音、
小さな音を演奏するときでも
ブレスは必要です!

息をしっかり出しながら
演奏しましょう!

楽器を吹く時に、
絶対に欠かせないのは
「ブレス」ですよね。

息の圧力や、息の支えを
無いまま吹くと、
管楽器では音が安定せず、

・頼りなく震える音
になったり
・音程がふらつく音

になったりもします。

音程がふらつく音は
合わせるのが難しくなるので

・安定した、音程のしっかりした音

が演奏では必要になってきます。

これを作りだすのが
「息の支え」であり

息の支えは、どんな音量や
演奏の仕方の時でも共通している
楽器の吹き方の1つです。

「息の支えを無くすような
ppの吹き方は使えない…。
じゃあどうするの?」

この答えは、
息のスピード感を変える事です。

息のスピードを速くしようとすると、
出てくる息の量も多く
力強いものになります。

逆に息のスピード感を
ゆっくりにしてみると
息は静かに、優しく出ていきます。

でも、お腹周りの息の支え
音を吹くための息の支えは
しっかり残ったままです。

なので考え方は、

「息をしっかり吐けるよう
お腹周りは動きつつ、

息のスピードをゆっくり吹くことで

静かな、優しいブレスにして
静かな音を出そう」

というのが、PPを吹く時に
オススメなやり方になります。

ピンと来たら、
ぜひ試してみてくださいね

それではまた!





この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

☆★演奏者のためのステップアップ・レポート無料配布中★☆

僕が実践し、レッスンでも効果があった、演奏をレベルアップさせるコツ・自信を取り戻す方法など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要なものを詰め込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

ステップアップの為に、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください