PPで演奏する時でも、息の支えは必要

管楽器を演奏する時、
ソロや、合奏で、
曲中に「p」や「pp」の記号を見た時、
 
 
 
静かに演奏しようとするあまり、
 
ブレスを減らす様に、
なるべく呼吸が浅くなる・少なくなるように吹いている、
 
なんてことに、なってはいないでしょうか?
 
 
 
 
 
確かに、
ブレスを少なく、小さくしながら、
楽器から音を出そうとすると、
 
小さな音量で音を出すことは出来ます。
 
 
だけど、そうやって出てきた音は、
響きも少なく、コントロールもしにくく、
 
あまり魅力的ではない音になっているんですね。
 
 
 
 
 
静かな表現を求められる時や、
小さな音量を演奏する時にも

「息の支え」というのは、必ず必要になります。

 

 

 

管楽器を吹く時に、
絶対に欠かせないのは
言うまでもなく「ブレス」ですよね。

 

ブレスの圧力が足りなかったり、
「お腹で息を支える」という事をしていないと、

 

楽器から出てくる音は、

・頼りなく震える音
・音程がふらつく音

こんな風になってしまう事があります。

 

頼りなく震える音も、
音程がふらつく事も、

ソロの演奏でも魅力的には聞こえなくなるし、

アンサンブルでも、
周りの音と合わせるのが難しくなるから、

 

基本的な考えとしては、
僕達、管楽器の演奏者は

・安定した、しっかりした音

を出す事がベースになってきます。

 

 

 

この「安定した音」を作りだすのが、
≪腹式呼吸≫です。

 

管楽器を吹くために≪腹式呼吸≫を行う時は、
普段の呼吸以上に、横隔膜の動きが大きくなり、

横隔膜が大きく動いて下に下がる分、
内臓が押し出されるため、お腹が膨らみ、

「お腹周りが張ったような感覚」を感じたことがあると思います。

この感覚を、
息を支えている感覚だと
感じる人も多いようです。

 

 

≪腹式呼吸≫は、

普段、肺だけで行うような呼吸よりも、
≪息の量・息を吐き出すときの勢い・呼吸のために使う体の部位≫など、

身体の使い方も変わってくるから、

普段感じないような「呼吸の時のお腹の張り」を、
感じる事があるんですね

 

 

横隔膜を使い、
腹式呼吸をする事で息をコントロールする事は、

どんな音量で演奏する時にも共通する楽器の吹き方です。

だから、腹式呼吸をせず、
息の量を減らしてppの音を出す事は、

とても難しい事なんですね。

 

 

もしppな音を出そうとするのなら、

≪息の量を減らさず、息のスピード感を変える≫

という事を試してみると、良いかもしれません。

 

息のスピードを速くしようとすると、
出てくる息の量も多く、力強いものになります。

逆に、

息のスピード感をゆっくりにしてみると
息は静かに、優しく出ていきます。

でも、お腹周りの「息の支え」は、しっかり残ったままです。

だから安定した、良い音質の音が出せます。

 

腹式呼吸のために、

お腹の張りを感じるほど
お腹周りは活発に動きつつ、

吐き出す息のスピード感を変えてみる事で、
静かな、優しいブレスにして、静かな音を出してみる

 

こんな風に試してみるのはどうでしょうか>


★☆もっと詳しい内容を知りたくなったら、こちらをどうぞ!☆★

これまでのレッスンでも効果があった、緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、コンテンツをまとめた電子書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方や、もう1度演奏する楽しさや感動を取り戻したいと感じている方は、ぜひ手に取ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください