演奏中は「からだを動かしちゃダメ!ってホント?

演奏中にからだを
動かしちゃいけない…。

そんなことを考えるよりも
自由に楽に演奏できるように、
身体が動いても良いんだ!と
考えてあげましょう。  
 
 
 

自己否定するほど
上手くなりたい….

そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 

こんばんは!
 
 
 
 

演奏中に、
「むやみやたらに
身体を動かさないで!」

もしかしたらこういう事
言われた経験があるかもしれません。
 
 
 

でも「からだを動かさない」と
意識していると、
本当に身体が動きずらくなって
演奏がしづらくなってしまいます。 
 
 

自分で自分に制限をかけるのを止めて
もっと楽に演奏できるように、
動いて演奏しても良いんだ!と
自分に言ってあげましょう!
 
 
 

たとえば、今
「からだを全く動かさないで!
微動だにしちゃいけません!」

なんて事を考えたら、
あなたの身に何が起きますか? 

…本当に身体が動かしずらく
重たくなったように
感じられたんじゃないでしょうか?
 
 
 

からだの動きと、自分の意志は
繋がっています。

からだを動かさないと思っていたら
本当に動きにくくなるものなんです。
 
 
 

今度は、
・からだを動かしてはいけない状態で
演奏している自分

・身体が自由に動く状態で
演奏してる自分

2つを思い浮かべてみて、
どちらの方が演奏しやすそうでしょうか?

楽器を吹けたらぜひ
楽器を吹きながら試してみてください。 
 
 
 

こうして2つを
比べてみると、どちらが
どんな風にやりやすいか?

そしてどちらが
「吹きずらい」と感じている時の
からだの状態に近いか?
分かりやすいと思います。

この、自分の考えが
自分の動き、演奏にも直結している
というのは、

からだの動き以外にも
関係することです。 

 

 

 

たとえばミスが起こりやすい
フレーズに対して

・ミスしても大丈夫!
と考えながら演奏するのと

・絶対ミスしてはいけない!
という風に考えながら演奏する事。

こういう時にも、
自分がどんな考えを持っているかで、

自分がどんな風に演奏するか、
実際にどんな風な演奏になるかが
大きく変わって来ます。  
 
 
 

自分の思考は、思ってる以上に
自分に影響を与えるんです。

 
 

逆に言えば、
自分の思考を上手く使うと、
今より更に良い演奏が出来る
可能性があります。

次回は、そういう思考の使い方について
お話していきます。

それではまた!

 
 
 






この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

☆★演奏者のためのステップアップ・レポート無料配布中★☆

僕が実践し、レッスンでも効果があった、演奏をレベルアップさせるコツ・自信を取り戻す方法など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要なものを詰め込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

ステップアップの為に、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください