個人練習を120%演奏に活かすための、練習のアイデアとは?

何も考えずに
目の前の曲を練習するより

「どんな目標を達成したいか?」
決めながらやってみると、
練習が120%演奏に活かせます!

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 

 

あなたは、
普段の個人練習って
どんな風に練習してますか?

 

指揮者のいる合奏や、
アンサンブルとは違って、

自分のやりたいことを
追求できる時間が個人練習です。

 
 
せっかく時間を取って
楽器を演奏するなら、 
実りある練習が出来ると
その日はハッピーな気分になりますよね!
 
 
今日は、個人練習がより
実りある時間とする方法を
ご紹介します!
 
 
 
それはずばり!
「何を目的としてるのか」
はっきり決めて吹いてみる
です! 
 
 
例えばソロの曲なら、
「この時の、このステージで演奏したい!」
とステージでの本番をイメージしたり
「今日はこの曲を
自分の好きなように演奏してみよう!」としてみたり

 

たとえば合奏、アンサンブルの曲なら
「譜面を見ず、メンバーを見ながら
演奏してるイメージで
暗譜の練習をしよう!」

とか、

「このソロはこう吹いてみたい!
次の合奏では
こんな演奏をするために
練習してみよう!」
と決めてみたり
 
 
 
こんなふうに目標を決めると、
目標を叶えるための
情報を集めるアンテナが
最大限働くんです!

これが働くと、
どんどん理想通り演奏するための
アイデアが溜まってきます!

 
 

ピンと来たら、
ぜひ試してみてくださいね。

それではまた!

 
 





この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

☆★演奏者のためのステップアップ・レポート無料配布中★☆

僕が実践し、レッスンでも効果があった、演奏をレベルアップさせるコツ・自信を取り戻す方法など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要なものを詰め込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

ステップアップの為に、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください