最高の演奏をしている自分をイメージする

いくつになっても、
人は、成長を欲しています。

イラストレーターや漫画家を目指す人は、
日々、画力の向上や、自分のイメージ通りの絵を描けることを目指して、
pixivやTwitterで自分の作品を投稿しながら技術の向上を目指しているし、

仕事に情熱を持っている人は、
より効率的に、よりクライアントの希望を叶えられるように、
自分のスキルアップや、勉強の機会を逃しません。

 

僕たち演奏者も、
「上手くなりたい」という想いを持ちながら
それぞれの時間で、練習を重ねていきますよね。

誰もが上手くなりたくて、、時間を作って練習しています。

だけど、同じ時間を練習に費やしていても、
人によって、差が生まれる事があります。

 

 

それは何故か?

僕は、「イメージ」を持つか持たないかの違いこそが、

そうした差を生み出す原因であると思うんです。

 

 

音楽を演奏する上では、

・その曲は、劇のどんな場面で流れそうな演奏だろうか? 

・明るい日差しの中、夕闇迫る中、白夜の様な、幻想的な風景の中…。
どんな場面で演奏すると、その曲の雰囲気に合いそうだろうか?

こんな風にイメージを膨らまして演奏する事で
「演奏によって何を表現するか?」が、
より明確になります。

 

 

この「イメージする」というのは、
練習して、上手くなるためにも役に立ちます。

 

つまり、

・憧れのあの演奏者だったら、習っている先生だったら、
この音階を、このロングトーンを、この曲を、どんな風に演奏するだろう?

そうした想像をしてみる事で、

今自分がしている演奏と、理想の演奏にどんな違いがあるのか?
どんな部分を伸ばしていけば、理想の演奏に近づけるのか?

「気づきと発見」を繰り返していくことが出来ます。

 

 

こうした気づきや発見があるからこそ、

何をすれば理想の音に近づくのか?
どんな部分を伸ばせば、イメージ通りの演奏が出来るのか?

自分なりの推論が建てられてきます。

そして、推論をしていくからこそ、
練習でトライ&エラーを繰り返して、

段々と「自分なりの正解」に、
より良い演奏に近づいていくことが出来るんですね。

 

イメージを持つ事と、持たない事で、
気づきや発見がある練習をしているかいないか?という差が出るからこそ、

同じ時間を練習していても、
やみくもな練習と、試行錯誤をしていく練習という違いが生まれ、

その成果に差が出てくるんです。

 

 

 

イメージは、現実の人を真似るだけには留まりません。

人は、様々な音楽を聴いていく事で、

自分はどんな部分に感動したか?どんなフレーズに惚れ込んだか?
自分にとっての最高の演奏のイメージも、自分の中に作り出してゆきます。

そうして、そうした最高の演奏をしているイメージを自分に投影する事で、

自分が最高の演奏者になり切って、練習してみる事だってできます。

 

もちろん、
自分のイメージ=世界最高の演奏と言う訳ではありません。

人の数だけ、感性があり、好みが分かれるのですから、
自分の最良の演奏のイメージが、
他の人にとって最良であるとは限りません。

 

しかし、本番の舞台は、
他人のイメージではなく、自分のイメージを表現していく場なのですから、

自分のイメージがどう受け取られるかは別問題であり、

自分は自分として、
最良の演奏が出来るように
自分を整えていけば良いのです。

 

 

やみくも、がむしゃらに練習していても、
ただ疲れてしまうだけで、思ったように上手くはならないのは、

イメージを持つか持たないかの違いに、原因があるんですね。

ぜひ1度、
「最高、最良の演奏をしている自分」を想像してみて、

そんな自分は、目の前の基礎練や曲を、
どんな風に音を出しているのか?

想像の翼を広げてみて下さい。


★☆もっと詳しい内容を知りたくなったら、こちらをどうぞ!☆★

これまでのレッスンでも効果があった、緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、コンテンツをまとめた電子書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方や、もう1度演奏する楽しさや感動を取り戻したいと感じている方は、ぜひ手に取ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください