失敗しないための【本番前に楽器を置く】という方法

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 

皆さんは
コンクールやコンサートの直前、
本番5分前にステージ裏で練習!
みたいなことをして

本番前に吹きすぎてバテたり、
本番前に怖くなって
練習しすぎてしまう…。

こんな経験ありませんか?

 

僕自身も
よく直前に練習をしてましたが、
実際、効果あった人はいたでしょうか?

僕は以前これをやって、
演奏が上手くいかなかった上
本番でバテてしまいました(笑)

 

そんなバテてしまうことをやるよりも、
本番前こそ楽器を置いて
演奏に臨んでみましょう。

1.楽器を置くことでリラックスできる

実際に楽器を置いてみると、
演奏モードは解除になるので、
少なくとも身体はリラックスできます。

 
リラックスするからこで、
自分が演奏に向けて感じてる
不安や緊張をほぐしたり、
ケアすることが 出来るんです。
 

1-2.楽器から離れて日常に戻る

楽器を吹くという事は、
ある意味、非日常での出来事です。
 
普段から何百人の前で話したり、
目の前にすることがありますか?
おそらくほとんどの人は
慣れてませんよね。
 
 
だから、非日常の経験で
緊張することは当たり前なんです。

緊張はしたって良いんです。

 
 
 

でも、緊張しっぱなしだと、
何でその場にいるのか?
なんで演奏しようとしてるのか?
良くわからなくなりますよね

だから、楽器を置いて、
自分を一時、日常の世界に戻すというのが
本番前には大事になります。

 

2.何を、どんな風に演奏したいのかを思い出す

楽器を置いてリラックスしだしたら、
こんどは、何を、どんな風に演奏したいのかを
思い出してみましょう。

例えばこれまでの練習を振り返り、
どんなところをどんな風に演奏しようとしてきたか?
本番前に思い出すことで、

本番のステージで、
何をしようとしてるのか
明確になってきますよね。

2-2.その音楽の、どこが好き?

人前で演奏するというのは、
ある意味自分のお気に入りを
人に紹介するような事でもあります。

今から演奏しようとしている曲の、
どんなソロが好きだったり、
どんな部分を聞かせたいか?

あなたの、この音楽で好きな部分を
もう1度再発見できる時間も作れます。

2-3.誰に聞かせたい?

楽器を置いて、これから
演奏するステージを見てみましょう。

どんな人がいるでしょう?

誘った友達や、ご両親の顔を
会場で見つけましたか?

これから本番のステージに立って、
音楽を誰に聞かせたいのか?
聞いてほしいのか?

相手の顔を、楽器を置いて
思い出してみましょう。

3.本番でバテなくなる

本番前に楽器を置く事の、
ある意味最も重要な部分がこれです。

本番で、演奏中にバテないこと

これは、特に2時間のコンサートだったり、
当時ゲネプロからの本番だった場合、
特に大事な要素になります。

3-2.吹きすぎたらバテる

管楽器奏者の方は経験があるかもしれませんが、
吹きすぎたらバテますよね?

バテるというのは、
・唇が振動しなくなる
・楽器を構えるのがつらくなる
・息が思うように出なくなる
というような、色々な症状があります。

原因として共通しているのは、
「その日の吹き過ぎ」だったりするんですね。

吹き過ぎを防ぐためには、
単純に楽器を持たない事が
効果的でもあります。

3-3.バテたら、その日は取り戻せない

これも管楽器あるあるですが、
1度ばててしまうと、
その日元の調子に戻れることはありますか?

たとえ2~3時間休憩したとしても、
1度ばててしまった分は
取り戻せませんよね。

こればっかりは
どうしようもありません。

本番前に演奏が上手くいかなくなる
リスクがある事は、
避けた方が良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
管楽器の方には、
特に思い当たることが
多かったかもしれませんね。

大事なのは、
直前に練習する事よりも、

これまでどんな風に演奏しようと
練習してきたかを思い出し、

誰に向けて、これから
演奏しようとしているかです。

 

本番前に慌てて練習したくなった時は、
ぜひこの記事を読みながら
楽器を置いて、リラックスしてみてください。

それではまた!

 

 

 

あなたの音楽と演奏を
さらに進化させる
無料メール講座

【もっと上手くなれる管楽器メール講座】~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
読者登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

完全無料で配信しています。  

自分の音に自信をもって
もっと楽しく演奏出来るようになりたい方は、

この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です