時にはあえて困難な状況で、演奏する練習をしてみましょう!

いつもいつも、理想通りの状況から
演奏できるわけではありませんよね。
時にはあえて困難な状況から、
今日の演奏を始めてみましょう!
 
 
自己否定するほど上手くなりたい…
そんな情熱を上達へナビゲートする!
 
管楽器上達メンタルナビゲーターの
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!

 

 
管楽器では、
自分のコンデションを整えるために
音出しの時間を作ってから
曲を演奏したりしますよね。
 
人によって必要な時間は様々で
パッと音出しを終える時もあれば
長い時間、コンデションを整えてから
楽器を演奏する場合もあります。
 
 
もちろんこれは重要な準備ですし、
どのくらい時間を
かけたって構いません。
 
 
でも時には、
何も音出ししていない状況から、
誰に、どんな音楽を
どんな風に演奏するか?
演奏を始める実験
してみませんか?
 
 
もちろん、これは相当困難な状況ですので
無理にやる必要はありません。
やるとしても本番ではなく、
普段の練習の時でいいのです。
 
しかし、この実験には、
自分のタフさを取り戻すという
目的があります。
 
 
 
実は、プロアマ問わず演奏者には、
「どんな状況になっても
演奏しとおす」という
とてもタフなメンタルを
演奏する誰もが持っています
 
皆さんも実際に、
ソロ・アンサンブル問わず、
どんなミスをしても
本番で演奏を止めた事はないのでは?
 
人前での演奏という状況で
自分の演奏をあきらめない行動が出来る。
それが、演奏する誰もが
タフなメンタルを持っているという
証明なのです。
 
 
 
でも、人は意外と自分の持つ資質には
気が付かないもの。
 
実はもう演奏に必要なメンタルは
身に着けているのに、
自分にはそれがないと
思ってしまう人だっています。
 
タフなメンタルを自覚し、
取り戻すために、
この実験が必要な時もあります。
 
 
 
最初に言った通り、
決して無理にやる必要はありません。
でも、困難な状況でこそ
自分の事が分かる場合もあります。
 
困難すぎる状況、
例えば本番でいきなりやるのは
とても難しいし、怖い事なので
やる必要はありませんが
 
安全な、日々の個人での練習で、
チャレンジしてみる事は出来ます。
 
 
そういう状況で、
自分はどこまで演奏できるか。
チャレンジしたくなった時
試してみてください。
 
それではまた!
 
 





この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

☆★演奏者のためのステップアップ・レポート無料配布中★☆

僕が実践し、レッスンでも効果があった、演奏をレベルアップさせるコツ・自信を取り戻す方法など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要なものを詰め込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

ステップアップの為に、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください