【体験談】ちょっと待って!いま本当にダメな状況ですか?

「楽器が壊れちゃった」とか
「練習不足なのに本番」とか
ヤバイ!なんて
感じる状況は多いですよね。
でも本当にその状況、
ダメな状況でしょうか?
 
 
自己否定するほど
上手くなりたい…。
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 
私事ですが、
つい先日タブレットが壊れてしまいました!
 
 
仕事の連絡は主にこれを使い、
他は家にパソコン、
緊急連絡用のガラケーのみ…。、
 
「仕事の依頼が来たら、
すぐに対応できない!やばい!」
と、僕もタブレットが壊れた時
思いました。
 
 
なんとなく、
本番前に慌てる
冒頭のような状況と似ていませんか?
 
 
でも、これって
よくよく事実だけを見ると、
本当にダメな状況でしょうか?!
 
 
例えばパソコンはあるのだから、
そこからSNSに連絡、
すぐに竹内には連絡が付かない状況を
広めればよし。
 
それですぐに連絡が取れなきゃダメ!、
仕事がダメになるなら、
もうそれはしょうがない。
縁が無かったという事にする。
 
それ以外なら、
返信が遅れることを
向こうも分かってくれてるのだから、
返信できるときに
しっかり応対をする。
 
こんな風に考えてみると、
ヤバイと思ってしまう状況でも、
打開策が見つかるものです。
 
実際僕も、
ヤバイと緊張しだしたとき、
こんな風に発想を変えて
落ち着きを取り戻せました。
 
 
これは演奏前でも使えるテクニックです!
「事実を見る」事をすれば、
本当に慌てるような状況か?
今の状況で自分が出来る事は何か?
分かってくるのではと思います!
 
変に慌ててしまうより、
しっかり事実を見る!
ピンと来たら、
ぜひお試しください。
 
それではまた!
 
 






★☆演奏がもっと上手くなるための
電子書籍を無料プレゼント!☆★

 

これまでのレッスンでも効果があった、

緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、

コンテンツをまとめた電子書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方や、

もう1度演奏する楽しさや感動を取り戻したいと感じている方は、ぜひ手に取ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください