〇質問回答・学んだことは【全て同時に】やってみる

これまでメルマガで語ってきた、
もっと上手くなるための演奏方法

実践のコツは、
「全部同時にやること」です。

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 

先日、
ブレスの事を気にしていると
唇の密着が出来なくなってしまう、
という質問をいただきました。

どれか一方を気にしていると、
もう1つのことが出来なくなる、
なんてことは、誰しもが経験のあること
かもしれません。

これは、集中力を高めて
どうにかするしか
方法はないのでしょうか?

そんなことはありません。
必要なのは、
「完璧さにこだわらず、
全部同時にやること!」です。

 
 

1つ1つの作業に集中していると、
どうしても他の事は
おろそかになる、というのは

1つの事にとてもフォーカスして
集中しているのだから、
誰でも起こります。

集中力の有り無しでは無いんです。

 
 
ここで必要なのは、

Aというの作業と、もう1つ別の
Bという作業を組み合わせ
新しいCの作業としてやってみる

というやり方です。

つまり、
・別々の作業という認識を
・1つの新しい作業に認識を変える
統一してみる

という事です。

 
 

たとえば、演奏するときなら、
アンブシュアの密着とブレスを吐く事を
別々にやろうとするのではなく、

音楽を演奏するという目的に向けて
身体全部を自由に動かして、
(アンブシュアの密着も、
ブレスを吐くことも)
自由に使いながらやってみよう!

という風に僕は考えています。

アンブシュアとブレスという
2つの異なる作業を、
演奏という目的のために、
同時にそれを行う、
新しい1つの作業をやっているんです。

 
 
この時、大事なのは
完璧に1つ1つをやろうとしない事。

1つ1つを制御しようとすると、
その1つの事に
フォーカスが向いてしまい、

同時にいくつもの違う事が
出来なくなるんですね。

なので1つ1つの作業で、
完璧さをこだわることは無いんです。

 
 
大事なのは、
何を目的として、
身体を動かして演奏しようと
しているのか?

今まで学んだことを
実行しようとしているのか?

「目的」を持つことになります

全部同時に実行する、
ぜひお試しください。

 
 
 






この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

緊張を味方にし、演奏をレベルアップさせる電子書籍を無料プレゼント!

これまでの音楽レッスンでも効果があった、緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要な事を、出来る限り盛り込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

本番での緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方は、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください