「感覚」に頼って練習する?「考察」しながら練習する?~練習について・その2~

※この記事は【練習について考えてみた・その1】の続き物になります。
まだ読まれていない方は、ぜひ前回の記事を読んでからこの先を読み進めてください。

【前回の記事はこちら】

 

人は、繰り返す事で「動き」の精度が上がってゆきます。

そして「演奏」とは、自分の身体の「動き」によって生まれるものです。

だから繰り返し練習する事で、演奏技術や演奏する時の動きが良くなり、上達してゆきます。

 

だけど一方、

同じように練習していても、
人によって差が生まれてくる理由は何故か?

 

僕はこれらの違いは、

・「感覚」を再現するように練習しているか。
・「考察」しながら練習しているか。

この違いによって生まれると思っています。

前回はこのような事をお話ししましたね。

 

 

 

歌うにせよ、管楽器を吹くにせよ、ピアノを弾くにせよ、

楽器を演奏する時に共通していることは

「身体が動いた結果、楽器から音を出している」という事です。

 

歌は、
声帯はもちろん発音のために口や舌も動きますし、表現の為に腕や足も動きます。

楽器も、
普段以上に息を使う為呼吸に関する動きが強くなるし、楽器を構えて演奏するために腕・肘・手首・指先まで動きます。

僕達は、
演奏する際の自分の「動き」を繰り返し練習しながら、
精度を上げて、より自分の理想とする音が出せるようにトレーニングを重ねますよね。

 

アンブシュア、呼吸、
腕の使い方、楽器を構えた時のバランスの取り方など、

僕達は、僕達自身の身体の動きを変化させていく事で、
自分の音を良くしていこうとするんですね。

 

こうして自分の音を良くしていこうと練習する時、

僕達は、耳で自分の音を良く聴いて、その変化を捉えているのですが、

もう1つ、感じ取っている事があります。

 

それは「演奏している時、自分の身体がどんな風に動いたか?」という感覚です。

 

 

例えば指先を動かしてみてください。

目の前で動かさなくても、指が動いているのは感覚でわかりますよね。

 

演奏している時も同様に、
僕達は、自分自身の身体の動きを、
見ていなくともどこかで感じているのです。

 

 

演奏している時の自分の動きの感覚を感じた結果、一体何が起きるのか?

 

それは

【音がイメージ通り出たり、上手くいった時の身体の感覚を再現しようとする】

という事なんです。

 

イメージ通り、理想的な結果になった時は、
次も同じ感覚を「再現」すれば、結果も再現できると思い、
「感覚を再現」しようとする訳です。

 

実はここに落とし穴があります。

「感覚の再現」から「結果を再現」することは、実はとても難しいんです。

 

 

 

なぜなら、

感覚というのは「動き」の1番最後に感じるものであって、

「動き」の質を上げたいなら、「動く」前の「準備」の質を上げなきゃいけないからです。

 

ここで言う「準備」とはすなわち「考えて動く」という事です。

だから僕は、「感覚を再現するために練習していく」という事をお勧めしません。

 

 

 

先程の指を動かした時、動きのプロセスは、

1:指先を動かそうと考える
2:脳が指先の筋肉に動く為の指令を神経を通じて出す
3:指先の筋肉が伸縮して動きが起こる
4:動いている感覚が神経を通じて感覚としてフィードバックされる
5:動いていると認識できる。

という形になっていて、

思考→動き→感覚の順番になっているんですね。

 

感覚は一番最後に来ていて、
その前に必ず、思考してから動きが生まれています。

これは、自覚していても無自覚でも同じです。

 

例えばここで、
もっと力強く指を動かしたり、拳を握りたいと望んだなら、

その動きを実行するには、拳を握る感覚よりも先に拳を作るために指をどんな風に動かすか?という思考が生まれているんですね。

 

 

演奏で言うなら、出した音もその時の身体の感覚も「結果」であって、

「良い音」を出し、それをいつでも再現したいのなら、

【良い音が生まれた「思考のプロセス」を再現する必要がある】という事です。

 

つまり、
【どんな風に構えたり、どんな呼吸を意識してみたり、どんな風にフレーズを演奏しようとした時に上手くいったのか?】
その思考を再現し、動きを再現していくんですね。

だからこそ練習の時に、感覚を再現しようとするよりも、考えていく必要があるんです。

 

 

 

もう1つ、感覚を再現しようと練習するべきでない理由は、

「感覚」から再現しようとする事で、

「不自然な力み」や「不必要な力の入れ方」をも再現しようとする場合があるからです。

 

感覚というのは強いフィードバックであり、
脳にとっては「そこを動かしている」と実感できる経験値になります。

ですので、
それが演奏する際の不必要な力みを伴う動きであっても、

感覚が返ってくれば、脳にとっては「動き」が出来ているという判断をしてしまうのです。

 

 

 

例えば、息をお腹の底までたっぷり吸ってみてください。

 

どんな風に身体の感覚は変化しましたか?

お腹が前に膨れて息苦しくなったり、
もっと吸おうするほど、お腹や胸・背中のほうにこわばる感じが生まれませんでしたか?

演奏者にとっても、こわばりや息苦しさは避けたいものの1つですが、
何も考えずに息を吸うと、こうした演奏に不必要なモノが生まれてしまいますよね。

 

身体の動きから言うと、
お腹が前に膨れるのは、肺に息を入れるため横隔膜が下がり内臓を押し下げるためです。

息の圧力から内臓を守るため、
余裕のある下腹部、そしてお腹の前方に内臓を逃がす動きをしているので、お腹が膨れたようになりますが、
実際には、吸った息がお腹の底まで入っている訳じゃありません。

呼吸をするのはあくまで肺部分であり、
胸郭部や横隔膜、みぞおちの辺りまでに息は収まっているんです。

 

「お腹の底の方まで吸う」=「お腹の底まで息をため込む」という感覚で動くと、

実際には無理なことをしているので、体に変なこわばりや力み・苦しさが出てきてしまうんですね。

 

このように、
僕達の身体は僕達の指示に対し、とても忠実に働いてくれます。

たとえそれが無理な動きや力みを伴うものであってもです。

 

だからこそ、どんな風に動くのが自然であるか?

僕達が身体の動きや解剖学的な事を学ぶ事は為になるし、

 

演奏者としても、

どんな風に呼吸をしたり、どんな風に身体を動かせばいいのか?

研究し、推察し、それぞれの正しい動きを身に着けていく事が、良い音が出る結果につながるんです。

 

このため、感覚を再現しようと練習するよりも、

良い結果を生み出した原因を推察し、
身体の動きや、解剖学的な見地から、より良い演奏の動きを習得していくようにに練習する方が、

成長のスピードが速くなるんですね、

 

 

とはいえ、
「感覚を無視しよう」と言っている訳では無いので、そこは注意してください。

何かに触れれば触感で分かったり、何かを食べれば味を感じるように、「感覚」を感じるのは自然な事です。

 

音楽でも、音程やテンポを感じながら演奏する事は大切ですよね。

だから、感覚そのものを無視する必要は無いんです。

 

ただ、練習する時に、
「上手くいった時の感覚」を再現しようとすると失敗するので、
きちんと観察したり、考えたりしていく事が大切なんですね。

 

 

 

「出てきた音」という結果を変えることは出来ません。

結果が起きる原因にこそ、僕達が関われる余地があります。

 

脳と体はとても優秀な機能をもっていて、
「動き」を気を付ければもっと楽に自由になれます。

そして、それぞれの楽器の奏法が違うように、
それぞれに合った演奏の仕方というのもまた違います。

 

練習の場は「自分自身との対話の場」でもあり、

練習でトライ&エラーを繰り返しながら、
より良い「動き」を身に付けて、
より良い音を出せる技を習得していく場でもあります。

練習の場でこそ、
演奏している自分を「観察」し、
自分にとっての正しい動きは何か?を「考察」していく事が大切です。

その為に、
まずは独学からでも、解剖学や体の動きについて学んでみても良いと思います。

 

 

今日の最後に、
より良い練習を行うためのマインドセットを1つ紹介します。

それは【練習中は実験中】というものです。

 

次回に続きます。


★☆もっと詳しい内容を知りたくなったら、こちらをどうぞ!☆★

これまでのレッスンでも効果があった、緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、コンテンツをまとめた電子書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方や、もう1度演奏する楽しさや感動を取り戻したいと感じている方は、ぜひ手に取ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください