劣等感を克服するために

自分より能力のある人に出会ったり
自分より魅力的な人に接したり、
自分より成功している人を知った時、

ホントは必要が無いのに、
その人と自分とを比べだして
なんか劣等感を感じてしまう。

こんな経験はありませんか?

 

劣等感はホントに厄介で、
1度感じるとなかなか消えないし

何か上手くいったことがあっても
「あの人だったらもっと上手くやるんじゃ…」みたいに考えだして、

ずっと悔しい思いを抱いたりとか、
自分を情けなく感じたりだとか、
僕自身も、こんな苦しさも抱えていた時期があります。

 

劣等感から抜け出す、というのは、
ある意味、僕の課題であったから、
劣等感による苦しみから抜け出すための方法を、学び、実践してきました。

今日はその中で、1つの方法をお伝えしようと思います。

 

 

 

その方法とは

なにものとも比較をせず
≪今の≫自分自身であって良い

と、自分に言ってあげる事です。

 

 

 

劣等感によって苦しみが生まれる時
それは、誰かと自分を比べて
「相手の方が自分より優秀だ」「相手の方が自分より上手く出来ている」みたいに
自分を相手より下に見ている時です。

つまり、相手より劣っている自分として、自分自身を見ているわけです。

 

 

でも、そもそもの前提として、

相手と自分は、生きてきた人生も、
経験してきた事も、大事にしている信条も異なる
≪全くの別人≫です。

別人同士の能力や、地位、評価などをを比べる必要はそもそもありません。

 

 

にもかかわらず、比較しようとしてしまうのは、
相手を羨ましく思ったり、目標にしているからこそ、

そこに追いつこう、追い越してやろう、
そんな目標を持つからなんです。

 

目標を持つこと自体は、
自分を良い方向に向かわせる、
より成長させるための素晴らしいものなんですが。

その為の方法として、
相手と自分を比べて、出来ていない部分、上手くない部分を探しだし、そこを補うように自分を鍛える。というやり方をしていると、おかしな事になってしまうんですね。

 

だって、自分を補う方法って、
視点を変えてみたらおかしくないですか?

この方法って、
相手より劣っている面ばかり探して

相手より良い部分、相手より優れている部分とか
自分の特性、自分の持っている良い部分を
探そうとしていませんよね?

 

 

相手のフィールドに立って戦わずとも、
自分の得意なフィールドを作り出し、
そこで成功する。という方法だって有りなんです。

だから自分を補うだけではなく、
自分の良い部分を伸ばすほうにシフトチェンジしたって、
大丈夫なんです。

 

比べる事だけに固執して苦しむ必要はないし、
【比べる事が、今までどれだけ自分の成長に影響があったか?】
これを振り返ると、
実は比較をしていたって、大して成長出来ていない事に気が付くと思います。

だから「比較」にこだわる必要はないんです。

 

 

比較から抜け出し、
自分自身をしっかり見た時、

自分の目指すもの、目指す理想
そういった目標を見定めた上で、

自分自身をどう成長させて行くのか?

自分の人生のかじを取って、
進みだす冒険が始まります。

 

誰かと比較して、劣等感で苦しい時は、
「自分を、何も評価をせず、認める」

ぜひ、このやり方をやってみてください。

そして自分自身への信頼を取り戻したその時、
目指す目標に向けて
自分自身を育てる事を始めていきましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

緊張を味方にし、演奏をレベルアップさせる電子書籍を無料プレゼント!

これまでの音楽レッスンでも効果があった、緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要な事を、出来る限り盛り込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

本番での緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方は、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください