動きやすさは「思考」から生まれる

練習でも本番でも「演奏する」時には、
誰もが演奏しにくい状況で演奏するよりも、演奏し易い状態で演奏したいと思いますよね。

 
例えば、

「身体を1ミリも動かさずに演奏しようとする」のと

「身体全部が自由に動けて演奏する」のでは、

想像しただけでも、
明らかに2番目の状況の方が演奏し易そうに思われます。

 

実はこの身体全体の動きやすさというのは、

「自分が自由に動ける」と意識するだけでも変わってくるんですね。

 

先程の、

1:「身体を1ミリも動かさずに演奏しようとする」

2:「身体全部が自由に動けて演奏する」

というのを実際の想像した時、
身体はどんな反応を示しましたか?

 

1番目の時は、
本当に思った通り「身体全体が動かしにくい」感じがして、

2番目の時もやはり、
思った通り「身体が自由になっている」感じがしたのではないでしょうか?

 

身体は自分の思った通りに動いてくれるので、

「動く」と思えば自由になるし、

「動かない」と思えば動かしにくくなるのです。

 

 

演奏する時にも、同じことをやっている場合があります。

「緊張して動きにくい」と思えば本当に身体は動きにくくなっているし、

緊張しても意識的に「緊張しても大丈夫だし、身体も自由に動く」と考えていれば、

身体の自由さをひどく損なう事は無いんですね。
 

 

自分自身の「意思」や「思い込み」によって、僕達の状態は左右されるという事です。

 

 

例えばこの記事を読むときも、

スマフォであれパソコンであれ、

「顔や目線も自由に動かせて読める!」
と考えてみたら、

何か自由さを感じたり、楽になった部分は無いでしょうか?

 

演奏する前に

「身体は全部自由に動かせる!」と考えてみると、

楽器の吹きやすさ、身体の動かしやすさは変わっていないでしょうか?

 

 

自分の意志や思い込みによって、
良くも悪くも、僕達の動きやすさは左右されます。

だからこそ、
普段から意図的に「自由に動く」と意識しておけば、

僕達の動きやすさは変わってきます。

 

何か身体が動かし難かったり、
演奏しにくさを感じてきたのなら、

こうした「思考」のチェックも取り入れてみるのはいかがでしょう?


★☆もっと詳しい内容を知りたくなったら、こちらをどうぞ!☆★

これまでのレッスンでも効果があった、緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、コンテンツをまとめた電子書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方や、もう1度演奏する楽しさや感動を取り戻したいと感じている方は、ぜひ手に取ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください