ただの「思い込み」よりも、可能性を信じた方が良い。

「自分には出来ない」
「自分には能力が無い」というのは、
 
実は、ただの≪思い込み≫でしかありません。

結果として、

失敗することがあっても、
 
出来る出来ないは、
最初から決まっているわけじゃ無いんですね。
 
 
 
 
これは管楽器の演奏でも同じで、
 
例えば、
「こんなハイトーン吹けるわけが無い!」
とか、
「こんな難しい曲出来る訳がない!」
など、
 
こうした
「~出来ない」と感じたことは、
これまでにあったかもしれません。
 
 
 
もちろん、難しい事を、
「出来ないかもしれない」と不安になることは。自然な事です。
 

でも、

そうした「不安」があっても、、
 
いざ何かをやってみると、
そのまま≪不安通りの結果≫が出てくるわけでは無く、
 
 
・思っていたよりも上手くいった
 
 
という場合だってあったはずです。
 
 
 
 
 
だから、
不安は不安でしかなく、
 
結果とは結び付いていないんですね。
 
 
 
 
大事な事は、
 
・「自分には出来るわけが無い」という不安の思い込み
 
 
よりも、
 
 
・自分にも、出来るかもしれない」という可能性
 
を、信じてみる事です。

 

 

「出来ない」という不安を
そのままにしておくと、

自分の可能性に対して、
ブロックを作ってしまいます。

 
 

たとえば、管楽器を演奏する事について。

 
今では、
当たり前のように音を出せていても、
 

楽器を初めて持った時、
音が上手く出せなかったこともあるでしょう。

 
 
でも、
練習しつづけていけば
そのうちに、
楽器から音が出せましたよね。

 

 

何かについて、

不安があったとしても、
 
 
やり続けていると、
いつの間にか出来るように
なっていくものです。
 
 
でも、
「出来ない」という思い込みを信じ続ける事は、
 
自分の動きを妨げたり、
自分のやる気を削いでいくから、
 
本当に≪自分の可能性≫を、
無くしてしまうんですね
 
 
 
自分の身体は、
自分の思い通りに動いてくれるので、
 
「動かない」と思い込んでいれば
本当に動きが悪くなるし、
 
 
 
楽器の演奏も、
出来ないと思い込んでいれば
本当に演奏しにくくなってしまうんです。
 

「出来ない」というのは、

自分の思い込みでしかありません、

まずは可能性を信じてやってみる事。
 
それが、
様々な事を実現していく上で、
最初に1歩にあると思います。

★☆もっと詳しい内容を知りたくなったら、こちらをどうぞ!☆★

これまでのレッスンでも効果があった、緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、コンテンツをまとめた電子書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方や、もう1度演奏する楽しさや感動を取り戻したいと感じている方は、ぜひ手に取ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください