男性必見!ベルトも演奏に関係する?

管楽器の演奏、では、大抵の場合本番はスーツ姿に棒ネクタイ、蝶ネクタイ等の組み合わせです。

私服姿の本番でも、男性はベルトとか使いますよね。

実はそのベルト、演奏にも関わってる!そんな雑学チックなお話です

 

| 演奏にベルトが関わってくる?

 

ベルトの役割は、

もちろんズボンをおとさないようにする

ジャストの位置でズボンを止める

今日の服装をオシャレに決めるなど、

いろんな役割がありますよね。

 

じゃあ、ベルトの何が

演奏に関わっているのかというと

胴回りを締める

という点が管楽器ではポイントになるんです。

 

| 呼吸の動きとベルトの関わり

 

演奏のために息を吸う動きの中では、

普段の呼吸で使う時よりも肺が大きくなるため、

内臓が下に押し下げられるという

動きがおきます。

 

で、下に押し下げられるときに、その圧力から逃れるために

お腹の前方や横、背中や骨盤底の方といった、

スペースに余裕があるところに逃げていくわけです。

 

で、ここでベルトが関わってくるんですね。

 

ベルトによってお腹周りを締めているので

息を吸う時にお腹が膨らむのを抑える

抵抗感を感じるんです。

 

でも、この抵抗感は

全然悪いものじゃありません。

 

抵抗感があっても息は吸えてるし

肺は下だけでなく、

前にも背中側にも、上の方にも

広がっていけますから、

呼吸の邪魔になるということでもありません

 

でも、1つだけ注意するならば

締めすぎたらつらくなるよ!

という点です。

 

 

| 締めすぎにご注意!

普段の状態でも

ベルトを締めすぎたら

きつくて息苦しく、イヤな感じになりますよね

 

金管楽器では、たまにベルトを締めることで

息の圧力が得られるという風に考ている事が

あるのですが、

 

あくまでも息の圧力を作っているのは

筋肉の動き。

ベルト自体は何も動きません。

 

動いたらただの怪談です。

 

締めすぎたって良い事はないですよ。

1人1人にちょうど良い位置があって、

その場所でベルトをとめるのが一番いいのです。

 

 

意外と演奏に良いのは、

大きめのベルトを用意して、

自分の演奏するときのフィット感に合わせて

切ったりしたもの。

 

こんな演奏専用のベルトを持ってると、

本番当日にベルトが合わなくて

演奏しづらい!なんてことを

避けられます。

 

 

| ベルトじゃなくても色々と

ベルトなんて好きじゃない!

締めあげられる感覚は嫌いという方

サスペンダーという手があります。

 

 dsc_91393

 

ベルトの締める感覚は、これで無くなります。

 

またスーツのパンツも高い位置に上がるので

視覚効果で足が長く見えます。

足を長く見せたい方に

オススメします。

 

 

あしながを目指したい!

でもベルトの締め付け感も欲しい方

カマーバンドという手があります

bff8e993c7a41192af34d319d948ee69-860x573

最近は細身の、ベルトの代用にもなる

カマーバンドもあるみたいですよ。

ベルトよりも伸縮性があるので

スーツにカマーバンドという組み合わせも

なかなかオシャレかもしれません。

 

 

 

さて、後半は明らかに演奏の事から外れた話題でしたが

演奏の時、ベルトをする際は締めすぎず

ちょうど良い位置を見つけたり

ちょうどいいベルトを作っておくアイデア

 

気に入ったらぜひお試しください。

それでは!

 

 

もっと色々な事が知りたい!と
思われる方は
 
【管楽器奏者のミスを救うメルマガ】
~理想通りに吹くための365の方法~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57638

 
を無料でご購読いただけます。
この機会にぜひ登録をどうぞ!
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です