「変化に気付く力」は誰でもある、だから誰でも上手くなれる!

誰もが上手くなれるなんて、
才能を持っている人や
頑張れる人だけの特権だ!
なんて思ってませんか?

そうではありません。
生まれ持った能力を活かして、
誰もが上手くなれる方法があるんです。

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
こんばんは!
 
 
 
・もう年だから
これ以上楽器は上達しない

・練習できる時間が無いから
上手くなる事なんてできない

・・・などなど。

こんな理由で、
自分の可能性にフタをして
いませんか?

年齢にも関係なく、
練習時間も関係なく、

誰もがもっと楽器が上手くなる
方法を持っています。

それが
「気付く力」
です!

例えば職場で人と会ったり
お茶会を楽しんでいる時、

ふと「あれ、今日髪切った?」
なんて気が付くこと、ありませんか?

以前と何か変わったことに気が付く事
それが「気付く力」です
「観察力」と言い換えても
いいですね。

そして「気付く力」は
自分の為に使えるツールなんです。

例えば楽器を吹くことが
上手く行かなくなる時や
何かしらに限界を感じる時。

それは何かしらを
変化させる必要がある
という合図です。

ハイトーンが出ないなら
楽器を吹く時のブレスの仕方や
アンブシュアの形を
変化させてみたり

音色が何か良くないと感じるなら
ブレスの強さや、
アンブシュアと楽器の密着さを
変えてみると
良いかもしれません。

 
 
こんな風に
「どんな部分を
どんな風に変えることが出来るか?」
これに気が付けるのも
「気付く力」があるからなんです。

「こんなの、
何かしら特別な訓練をしてきたから
身についたものなんでしょう?」

「そんなテクニックを
習う時間も余裕もない!」

なんて思う方もいるかもしれません。

確かに気付く力を育てるのには
練習と経験が必要です。

でも、気付く力そのものは
誰もが持っているものなんです。

なぜかって?

「五感」が、誰にも
そなわっているからです!

相手が髪を切ったことに
気が付くのにも

自分の音が変化したのに
気が付くのにも

演奏しているときの
どこにやりずらさを感じるのか
気が付くのにも

特別な訓練なんかしなくても
誰もが気が付きますよね。

それは
五感を持っているからなんです。

生まれ持った五感を活かして、
自分の変化したほうが良い部分に
気が付く事が出来るから、
誰もがもっと上手くなれるんですね。

どうぞ自分の五感や、
気付く力を持っているという事
信頼してあげてくださいね。

それではまた!

こんな記事が毎日届くメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です