良い演奏したいなら、服にもこだわってみる?!

本番着はただの吊るしのまま?

良い音を出したいなら、高い楽器を買えばいい?

もしかしたら、楽器を変えずとも

本番着を変えれば、良い音が出るかもしれません。

演奏服を仕立ててみませんか?

 
 
 
自己否定するほど上手くなりたい…
そんな情熱を上達へナビゲートする!
 
管楽器上達メンタルナビゲーターの
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 
突然ですが、
((customer_name))は服を仕立てた経験はありますか?
(別に服を仕立てる勧誘ではないのでご安心を(笑))
 
 
 
仕立服というのは、
実は20万~100万近くもする代金なんです。
中古のクルマが買えるお値段ですよね!
もちろん、生地代・技術代なども
含まれてはいるのですが。
 
普通の既製服が
高くても5万円くらいだと考えると、
4倍以上のお値段になるわけです。
 
 
 
でも、商品として長く続いているからには
ぞれだけの価値があるもの。
 
仕立服の価値は様々ですが、
その中の1つに、
「サイズを見切って、
身体の動きに沿って服を仕立てる!」
というのがあります。
 
つまり、とても着心地良く
どんな動きをしても
身体についてきて邪魔にならない
服になるというわけですね。
 
 
既製服との1番の違いはここです。
既製服は型紙と呼ばれる
大まかなサイズ表で、
向上で大量生産されるのに対し
 
仕立服は個人のサイズを採寸し
それに合わせて生地を裁断、縫うという工程を
手作業で行うんです。
 
だからこそ、1人1人のサイズに合った服になり
手縫いだからミシンと比べて
裁縫にも緩みができ、
着心地が柔らかくなるんですね
 
 
(実はもう1つ、
アームホールについても違いがあるのですが、
それは別の機会にでも…。)
 
 
着心地が変わってくると
演奏にも違いが出てきます。
スーツだとなんか息がしずらい、
腕周りが動かしにくいなんて感じる時は、
特に服の替え時かもしれませんね。
 
もしかしたら楽器を買う
5分の1のお値段で、
演奏がやりやすくなるかもしれません(笑)
 
 
もし興味がわいたら、
演奏服についても
こだわりを持ってみると
良いかもしれませんよ!
 
それではまた!
 
 
 
 
 
 
もっと管楽器が上手くなりたい!
どんなに緊張したって、自分の理想通りの演奏がしたい!
と思われる方は
完全無料で配信しています。
「こんなんじゃダメだ!」と自己否定するくらい、
上手くなりたいというすばらしい情熱をお持ちの方。
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です