雑音が出ても気にしなくていい!演奏しつづけて良いんです。

管楽器を演奏していると、
たまに口周りの息漏れの音や、
楽器の雑音などが出てくるときがありますよね。
でもこれ、
出てしまっても何も問題がないんです 
 

 こんな雑音、出したことありますか?

演奏しているときに、
マウスピース辺りで雑音が聞こえたり
息漏れの音が聞こえたり。
たま―に
管の中の水が「ブツッ、ブツッ、」と
音が鳴ってしまう時がありますよね。
 
 
もちろん、
水が溜まりっぱなしだと
演奏中にと鳴ってしまうし
演奏している音楽以外の余分な音を
無くしたいと感じるのは
演奏者としての本能みたいなものです。
 
 
それ自体は何も悪くはありません。ただ、
 
雑音の混じってる音は
全て悪い音 
 
みたいに思ってしまうと、
演奏よりも
雑音を無くそうと
慌ててしまう場合があります。
 
 その雑音、気にしなくても良いんです!
 
 
実はこれ、
演奏してる本人はかなり気にしますが
聞いてる人達はどうでしょう?
 
 
例えば
好きなアーティストの演奏会で
演奏を聞いていて、
何か演奏中に
楽器の方から雑音が聞こえてきても
ずっと気にしている事は
皆さんないのでは?
 
 
 聴衆の方々は、審査員じゃない!
 
演奏を聴いているのは
審査員ではありません。
 
もちろんコンクールの舞台などで
審査する立場の人が、
演奏を聴くことはありますが、
あくまでもその人は聴衆としてそこにいて
仕事だから点をつけたり引いたりしてるだけです。
 
どちらかというと、
その場に出演するすべての団体、演奏者を
応援してる気持ちかもしれません。
 
 
 雑音が出ても、演奏し続けてOK!
 
確かに、余計な音はない方がいいかもしれません
 
 
でもそういう音が出たからといって
舞台に立ってちゃいけない
演奏しちゃいけない
なんてことは1つもありません!
 
雑音を出したから
本番中に外に出される!なんて事は
誰も経験がないんじゃないでしょうか?
 
 
実際に会場にいる人が聞いているのは
皆さん1人1人や
皆さんの仲間の人たちが
演奏している音楽です。
 
何かしらの雑音に気付いたとしても
演奏が続いていれば
すぐに気にならなくなります。
 
それは、皆さんが聴衆の立場になっても 
同様なのではと思います。
 
雑音があったとしても 
演奏しつづけて良いし
雑音が出たから演奏はダメ!
なんてことではないんですね。
 
 
もし自分の演奏してるときの雑音が
気になってしまうなら、
こんなふうに考えると、雑音にとらわれず
演奏しつづけられます。
ぜひお試しください。
 
 
 
 
演奏に役立つ、色々なアイデアが知りたい!
もっといろんな記事を読みたい!
と思われる方は
 
【管楽器奏者のミスを救うメルマガ】
~理想通りに吹くための365の方法~
 を完全無料で配信しています。
 
登録はこちらから!
【楽器奏者のミスを救うメルマガ~理想どおりに演奏するための、365の方法~】
読者登録フォーム
お名前(姓)
 
メールアドレス
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です