想像が、自分の演奏しやすい演奏環境を作る!

その日の体調はその日次第、
演奏しやすくなる状況なんて無い?
いいえ、都合がいい環境を
自分が作り出せるんです!
 
 
自己否定するほど上手くなりたい…
そんな情熱を上達へナビゲートする!
 
管楽器上達メンタルナビゲーターの
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 
 
社会人で毎週週末にオケの練習があるけど
いつも違う練習場所で上手く演奏出来ない。
 
本番のホールが、いつも音出ししている場所に比べて
響きが悪くて、上手く演奏出来ない…。
 
 
いつもと演奏する環境が違った時、
管楽器は会場の響きとか、
演奏のしやすさが気になりますよね。
 
 
演奏する建物の構造を変える!
なんてことは出来ませんが、
演奏のしやすさを取り戻す、
演奏しやすい環境を
自分で作り出すことは出来ます!
 
 
 
 
その方法とは、
どんなことを考えたら自分が演奏しやすいのか?
自分の演奏しやすいやり方を
想像しながら演奏する事です!
 
 
 
例えばジャムセッションのように
音のコミュニケーション、
音楽のコミュニケーションを
取りながら演奏するのが
自分にとって楽しく、
演奏しやすくなるのであれば、
 
メロディと語り合うように吹いてみたり。
誰かとコミュニケーションを取ることを
意識しながら演奏することも出来ます。
 
 
また、誰か1人の為に
演奏した方が、情感のこもった
良い演奏が出来る時は
そのたった1人、
自分にとっての最高の観客を想像して
その人に向けて演奏してみるように
してみるというのもアリですよね。
 
 
 
ポイントになるのは、
演奏が楽しくなり、
しかも吹くのがやりやすくなる環境を
同時に想像すること。
どちらか一方だけではなく、
どちらも同時に満たせるものなんです。
 
こういう風に、
演奏する場所は変えられなくとも、
どんな風に今日演奏するか
いくらでも自由に想像して、
そしてその通りに演奏に
チャレンジすることが出来ます。
 
 
自分にとってやりやすく
嬉しい演奏環境とは
いったいどんなものなのか?
 
ぜひ思い浮かべて、
その環境で演奏しようと
試みたときどんな変化が起きるか?
体験してみてください。
 
それではまた!
 

こんな記事が毎日届くメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です