腹式呼吸は、お腹に息が入る事じゃありません。

お腹が呼吸をすることが、
腹式呼吸ではありませんよ!
腹式呼吸の誤解を解消しましょう!
 
 
もう1度演奏が好きになる!
より楽しく理想を叶えるサポート
 
管楽器インストラクターの
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 
管楽器や声楽では、
呼吸が演奏に大きく関わってきます。

呼吸について自由自在になれば、

もっと良い演奏が出来る!
なんてこともありますよね。

その中で腹式呼吸というのは
誰でも1度は聞いたことのある言葉です。

でも、腹式呼吸って、正確に言うと

身体のどんな動きなのか、
知っていますか?
 
 
腹式呼吸とは
お腹に息をためて
吐く事じゃありません!

肺というタンクにたまった息を、

お腹というポンプを使って
自分で息をコントロールしながら
呼吸することを言うのです!
 
そもそも、腹式呼吸は
生きる為に必要な自発呼吸とは違い
自分の意志で呼吸をコントロールし
管楽器を演奏しやすくするための手段です。
 
身体や呼吸の仕組みを入れ替えるような
大げさなことではありません。
 
あったら便利な技術、
というものなんです。
 
 
腹式呼吸で誤解が起きやすいのは
お腹に息が溜まるという部分ですが
それはありません。
 
胸の中の肺が膨らみ、息が入ります。
肺が膨らもうとした結果、
内臓が押し下がり、
お腹が膨らむのです。
 
だからお腹で呼吸をしているわけじゃなく
お腹で呼吸の助けをしている
というわけなんです。
 
昔、部活で言われたかもしれない
「お腹で呼吸をしろ!」というのは
実は「お腹で呼吸を助けてあげよう」が
本当の意味で、
それが腹式呼吸というやり方なんですね。
お腹が呼吸をしているわけじゃ
ありませんので、
その誤解は解いておきましょう。
 

それではまた!

演奏に役立つ、色々なアイデアが知りたい!

もっといろんな記事を読みたい!
と思われる方は
完全無料で配信しています。
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です