練習曲にも、いろんな性格がある!

皆さんは、練習曲を演奏するとき

「この練習曲はどんな性格で、

なにを求めてるんだろう?

何を学ばせたいんだろう?」

と考えた事はありますか?

今日は、練習曲にも性格がある!

というお話です。

|練習曲の目的は?

 

練習曲の目的って何でしょう?

もちろん、皆さん1人1人の

演奏スキルを伸ばすためのもの

 

技術的な向上、

表現の仕方を学ぶためのもの

 

高音域、あるいは低音域

に絞ったものや、

早いパッセージのみ練習する曲など

専門的な技術を学ぶ

練習曲だってあります。

 

images-11

 

 

|正確さだけが目的じゃない!

さて、こういう色んな練習曲を

演奏するとき、ひょっとしたら

「譜面通りに正確に吹くだけ」

が目的になってはいませんか?

 

 

じつは、練習曲にも色々な性格があり

ただ正確さを

求めるだけではないんです!

 

5

 

 

技術的な練習曲であれば、

もちろん正確に、譜面通りの

演奏を目指す事を

チャレンジしても良いでしょう。

 

でも音楽の楽しさって

正確に吹けることだけでは

ないですよね

 

 

皆さんが譜面から

どんな音楽を読み取って

 

どんな歌い方で

どんな表現をするか

 

あるいは

どれだけふざけて演奏できるか

わざとらしくて

笑っちゃうような演奏が出来るか

 

こんな色々な

表現の楽しさだってあるんです。

そして、この表現は

1人1人、表現が違っても良い

 

 

なぜならそれが、

皆さん1人1人の

個性だからです。

 

 

そして、その1人1人の

個性を磨く、表現を磨く

練習曲だってあるんです。

 

 

|自分の表現を創るための、練習曲

この場合、正確に演奏することより

自分はどんな表現をしたいか?

どんな歌い方で演奏をするか?

にこだわるべき時もあります。

 

その結果音を外そうが

何が起きようが

まず自分がやりたい表現を優先する

そして、それがピンと来なければ

何回でも試行錯誤する。

 

 

かなり

こだわりの強い人向けですが

こんな練習の仕方だってあります。

 

 

もし皆さんが

練習曲を演奏する機会があれば

こんな風に

「どんな性格の練習曲で

どんな事をこの曲は

学ばせたいんだろう?」

 

そんなふうに考えてみると、

より演奏が上手くなる練習が

出来るのではと思います。

ぜひお試しください。

それでは!

 

 

もっと色々な事が知りたい!と
思われる方は
 
【管楽器奏者のミスを救うメルマガ】
~理想通りに吹くための365の方法~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57638

 
を無料でご購読いただけます。
この機会にぜひ登録をどうぞ!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です