「自分には出来ない」というのは、ただの思い込み!

「自分に出来ない」というのは、
実はただの思い込みなんです。

結果失敗することがあっても、
出来る出来ないは、最初から
決まっているわけじゃありません!

 

 
 
自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 
 
 
「こんなハイトーン
吹けるわけが無い!」
「こんな難しい曲
吹ける訳がない!」

こんな風に演奏をしていて感じた事、
何度も経験ありませんか?

難しい事を、出来ないかもしれないと
不安になることは自然な事です。
不安を持つことはOKなのです。

でも、その不安をそのままにして
出来ないと思い込むと、
ホントに出来なくなっていく
ものなんです。

自分をマイナスに見る
思い込みは捨てて、
「こうしたい!」を実現するためには
どうしたらいいかを考えましょう!

 

 

「出来ない」という不安を
そのままにしておくと、
何が不味いかというと、

自分の可能性に対して、
ブロックを作ってしまうんですね。
 

たとえば、楽器を吹く事。

今では当たり前のように
音を出せていても

楽器を初めて持った時は、
音が出せるかどうかは
不安じゃありませんでしたか?

でも、不安がありながらも
練習しつづけていけば
そのうちに音は出せるように
なっていきましたよね。

 

 

何かしら不安があったとしても、
それが「思い込む」事をしなければ
いつの間にか出来るように
なっていくものなんです。

でも「出来ない」という思い込みは、
自分のうごきを妨げたり、
思い続けるうちに、
本当に自分の可能性を無くしてゆくんですね。
 

 
不安は「疑う」くらいのレベルですが
思い込みは「確信する」というレベル
の話です。

自分の身体は、自分の思い通りに
動いてくれるので、
自分が「動かない」と確信していれば
本当に動けません。
 

だから「出来ない」という
否定形の思い込みは、
本当に自分を出来なくしてゆきます。

自分の「出来ない」というブロックは
自分の思い込みでしかありません、

思い込みは強烈に自分の可能性を
無くしてしまいます。

「もしかしたら、
そう思い込んでいるだけかも!」

そんな風にピンと来たら、
ぜひ思い込みに気が付いて、
それを止めてみる。
やってみてくださいね。

それではまた! 

 
 

あなたの音に自信を取り戻し
もっと上手くなるメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です