1st奏者は1番上手い人ではなく「1番支えてあげたい人」がやるべき?!

楽器セクションでの1st奏者
楽器の上手さだけで選んでませんか?
 
セクションごとの1st奏者は
「1番支えてあげたい人」が
良いかもしれませんよ?!
 
 
自己否定するほど
上手くなりたい…。
そんな情熱を上達へナビゲート!

管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。

こんばんは!
 
 
吹奏楽やオーケストラでは、
1st奏者というのは
ソロも多かったり、
 
技術的にも高いレベルを
要求されますよね。
 
もちろん、
技術が高いの超したことはありませんが、
 
なによりも大事なのは
同じセクションの仲間からの
支えになります!
 
 
1st奏者になった時は、
「1番上手い人」ではなく
「1番支えてあげたい人」
目指しましょう!
 
 
 
 
合奏やアンサンブルって、
1人では出来ないですよね?
 
 
絶対に周りからの
「音を合わせるための協力」
必要になります。
 
 
 
さて、皆さんが
合わせる側だった時、
 
・ものすごく楽器が上手いけど
俺に合わせろ!なんて凄んでくる人
 
・楽器の上手い下手に関係なく
何か協力したくなるような人柄の人
 
両極端なたとえですけど、
どちらの人と
一緒に演奏したいですか?
 
僕はもちろん後者の人です!
 
楽器以外での人間関係でも、
同じ事が言えると思います。
 
 
 
 
周りに合わせてもらうには、
こちらも周りの音に
関心を持つ必要があります。
 
音楽のハーモニーを作るためには
誰が、どんな音を、どんな音色で、
どんな音程で吹いてるか?
 
お互いが聞きあって
初めて音が合いだします。
 
 
 
 
1stだから絶対正しい!
1stだから周りがこちらに合わせなきゃダメ!
なんてことは
絶対にないんです。
 
 
1st奏者は絶対王者ではなく
周りから支えられる人!

今日の記事が、

何かの参考になれば幸いです。
それではまた!

こんな記事が毎日届くメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です