上手くなっていく言葉・下手になっていく言葉

あなたがあなたへかける言葉によって、
楽器がどんどん上手くも、
下手にもなっていくことがあります。

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 

楽器を演奏するとき、
・良い音を出せてる、
自信をもって大丈夫だ!

という言葉と、

・こんな音じゃだめだ!
もっと完璧に吹かなくちゃ!

 
という言葉、どちらに近い方を
あなた自身に言っていますか?

この自分にかける言葉
少し違えるだけでも、
演奏に大きな変化が
生まれます!

上記の言葉を、
どちらもあなた自身に言ってみると
心や身体はどういう感じになるでしょうか?

プラスの言葉だと
身体や心が楽になったり、
解放される感じになったり、

逆にマイナスの言葉で悪く言うと
身体や心が苦しくなったり、
締め付けられる感じになりませんか?

「言葉」というのは、
あなたの思ってる以上に

人の心身に影響を与えるんです。

特に人前で演奏する、
非日常の中にあれば、
なおさらその影響は強くなります。

僕や、あなたが自分に対して
どんな言葉をかけるかは、
全て、それぞれの自由です。

自分の言葉によって、
自分の能力が

良い方にも、悪い方にも
傾くとしたら

はたして、自分に対して
どんな言葉をかけたいですか?

人間は、普段は脳の30%、
自分の能力の30%くらいしか
使って生きていない、
という研究結果があります。

残りの70%は、
潜在意識、潜在能力と呼ばれ、
普段は眠っている能力なんです。

「火事場のバカ力」だったり
「やると決意して行動する!」事をしてみると
普段以上の能力が出せるのは、

この潜在意識が解放され
自分の普段の能力にプラスされるから
だと言われています。

(余談ですが、
能力を100%発揮すると、
身体や脳が働き過ぎて
逆にダメ―ジを負うので
こういうリミッターが必要だと
言われています。)

ホントは誰でも、
とてつもない能力を1人1人が持っていて、
自分のやりたいことに
その能力をいくらでも自由に生かせる!

僕はこういう風に自分に言っています。

自分の能力に対して
プラスの言葉をかけた方が
より良い結果があると知っているし

人にも能力があると信じた方が
本気でその人のやりたい事に向けて
それを実現させるためのサポートが
出来るからです。

この機会に、
ぜひあなた自身に対しての言葉を
振り返ってくださいね。

 
それではまた!
 
 
 

あなたの音に自信を取り戻し
もっと上手くなるメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です