アドレスを登録して
無料レポートを今すぐ手に入れる

 

 

レポート読者様の声

1:涙を流しながら元気になり「吹くこと」それ自体が楽しくなりました

Oさん・50代
演奏楽器:フルート

初めまして。
現在、市民吹奏楽団でフルートを吹いています。Oと申します

昨年から

・いつまで続けていいのだろう?
技術は確実に衰えているし、
皆のお荷物でしかなかったら


さっさと
辞めた方がいいのではないか?

という不安で打ちひしがれて、
メンタルがボロボロでしたが,

このレポートを読んで、

読みながら何度も涙し,
涙を流す度に
少しずつ元気を取り戻し、


同時に技術面にも効果があり、
「吹くこと」それ自体が
楽しくなりました。

またみんなと一緒に
この団で演奏できるようになり、


昨年のコンサートでは

今までに感じたことの無い喜びと
充実感で胸が一杯になりました。

心からありがとうございました。

 

2:「音楽をやる」上で、
見失っていた大切な事を思い出しました

秦こうたさん
楽器:ギター・ボーカル

 
竹内ヨシタカ様。初めまして。
奏こうたと申します。
 
 
私、ギタリスト兼ボーカリストなのですが、
竹内さんのコンテンツは、いつも

「音楽をやる上で、
見失っていた本当に大切なこと」
 
に気づかされます。
 
 
・自分はあの人よりへたくそだ
・あの人の方がいい歌歌う。
・いいギター弾く
ということばかりいつも目がいってしまいがちで…。
ちゃんと今の自分を見てあげてなかったかもしれません。

これからは少しずつ、
自分のできた事
自分の音楽・フレーズを認めて、

その進歩を
褒めてあげようと思います。
 

3:初めて、上達の手ごたえを感じました

S.Yさん
楽器:フルート・オカリナ

個人レッスンや吹奏楽サークルで
通算13年くらい
吹いていたのですが、

上手くなれそうな手応えもなく、

無理だと諦めていたのです。
 

でも、
そうか、そう考えればいいんだ、
と思ったのが、

「音は出すことができる、
楽器を持つことができる」
の一言でした。
 
 
それだけでもすごいこと。
そのレベルから始めてもいいんだ。
 
そこから少しでも上手くなりたいと
思えばいいんだ

気持ちがすっと軽くなり、

読んだ直後に
フルートを取り出していました。
 
 
そこで吹いてみたところ

なんと今日、
初めてフルートに手応えを
感じることができたのです。
 

自分の良いところに目が向けられたのです。
 
再びスタートラインに立てそうに思えました。
 
これからも楽しみにしております。

 

アドレスを登録して
無料レポートを今すぐ手に入れる

 

 

【こんな事に悩んでいませんか?】


✔ 本番になると緊張しだし、体がガチガチになってしまう。

✔ 身体のコントロールが効かず、思うように音が出せない

✔ 本番でも普段通りに演奏したい。

✔ 失敗した時、周りからどう思われるか怖い

✔ いくら練習しても上手くなった気がしない

✔ 演奏の最中にミスをすると、そこからリカバリーできない。

✔ 好きで演奏しているはずなのに、今なぜか、苦しさを感じる

✔ 思うように音が出せない事が悔しくてたまらない
 
 
もし今、
このような事に悩み続けて、
演奏をする事すら
苦しく感じてしまっているなら

 

このレポートで、
そんな現状から抜け出し、

 

自信をもって舞台に立ちながら
お客さんと音楽の感動を分かちあい

もう一度
演奏する楽しさを取り戻す
方法を
お伝えします。

 
 

どうして緊張したら、
演奏しにくくなるの?

どうも、竹内ヨシタカです。

ステージで緊張しだすと
体が震えたり、
演奏しづらくなったり、

失敗してしまうかもしれない事に
怖くなって
演奏を続ける事がツラく、苦しくなったり・・・。

 

やりたい事をしているはずの
演奏生活に、

どうしてこんな
困難が立ちはだかるのでしょう?

 

 

結論から言うと、これは、あなた自身の努力や、
演奏中にすらダメ出しをする

「自己否定」の存在が原因

です。

 

 

自己否定が強いほど、自信が持てず、
人前での演奏が怖くなってくるし、

今までの頑張りや、
まさに演奏している最中ですら
あなた自身の演奏を否定するから

演奏を続ける事がツラく、
苦しくなっていくし

緊張している自分を
「自己否定」によって責めだすから
さらに体が固く、萎縮して
演奏しづらい状況へと追いやります。

 

だからこそ、
緊張を乗り越え、自信をもって演奏するためには

あなた自身の
「自己否定」という習慣を

変えていく必要があります

 

僕も、同じような悩みを抱えてました。

演奏する事が楽しくて
オケや吹奏楽で
活動してきたはずだったのに
 
 

いつの間にか

上手くならなければ
演奏する機会をもらえない、
本番で失敗したら、
もう次のチャンスは無いと思い込み
 
 
それが自己否定となって、
演奏中ですら
自分の音にダメ出しをするようになり
 

やがて、体が震え
楽器を構え続ける事すら
困難になった事があります。

 

そんな状態に絶望し、

解決策を探して、
身体の使い方やメンタルの育て方など
様々なレッスンやセミナー、講習会で学んでいった結果

自然で自由な体の動きを
教えてくれるくれる先生方と、
体と心の両面から「自分の習慣を見直すテクニック」
との出会いがありました。

 

そして、

 
上手くいかない自分であっても
認め、許す事、

自己否定の習慣を変えていく事を
実践し続けてきた結果、

もう1度、
ステージで緊張を乗り越え

自信をもって
演奏しきることが出来たんです。
 
 

実力が出せない様々な原因

 
 
緊張して
上手く演奏出来なくなっていったり
演奏をすること自体が
ツラく、苦しくなっていく原因は
 
 
初めにお話した
「自己否定」以外にも、
様々な原因があります。
 
 
例えば、
緊張のメカニズムを知らないから、
 
普段とは異なる
「本番の時の身体の感覚」に
慣れていなかったり。

失敗する事の恐怖も
まだ、実際に起きていない事を恐れている事が原因だったり

そもそも、本番前に演奏しすぎて
バテて演奏する事が苦しくなっている場合だってあります。
 

そもそもなぜ自己否定が起きるの?

 
そして、
なぜ「自己否定が起きるのか?」
についても

どんな演奏をしたいのか、
あなた自身のゴールを設定せず、
何を目標としているのかが
分からない状態になっているから

「上手くなりたい」という情熱が
暴走してしまっている

事が原因の場合もありますし、
 
 
完璧に、
100%上手くやろうとして
出来なかったら自分に失望する

完璧主義

が原因の場合もあります。

 
つまり、
1つ1つステップアップしてゆく事

理想通りとはいかなくとも、
成長に向け努力した
あなた自身を認めてあげる

という自分自身への「寛容さ・そのままを認める」という部分が少なくなっているんです。

 
 
 
これらは全て
「習慣」によって
引き起こされます。

考え方、感じ方にも
「習慣」があるんです。
 
 
 
 
だから、演奏の邪魔になる様々な原因を取り除くには
 
 
今まであなた自身がやっていた
習慣に気が付き

「習慣」を、自分が演奏しやすい

本来の実力を発揮できるものに変化させ

ゴールを明確にし、何を目標に
練習したり行動するかを考え

 
完璧であることを止め
不完全だが、
成長しようとする自分を許し、
成長してゆく自分自身を認める
「自分への寛容さ」を身に着ける必要があります
 
 

もし、
今の演奏を変えたいなら…

 
 
このレポートは、
僕自身が学び、実践してきた

 
・自分自身の習慣を変え、
本番で自分の本来の実力を発揮し
満足できる演奏をする
アイデアと方法

をまとめたものです。

 
 
既に500人以上の方にこのレポートを手に取ってもらい、

・もう1度 演奏する事が楽しくなった

・初めて自分の演奏に感動できた

・人前で演奏する事が怖くなくなった

 
など、様々な感想を
多数いただいています。
 
 
もしあなたが
今、音楽や演奏上の事で

本番で力を発揮できず悔しかったり、
失敗した経験をずっと抱えてしまっていたり

周りからの評価が怖くて、
演奏する事が苦痛になってしまっていたり、

何かしら今の状態を
変えたいと思っているなら

ぜひ、今すぐ
このレポートを手にとって
読んでください。

 
 
 

なぜ無料で?

 
 
このレポートの内容は
今までレッスンの中で生徒さんに教えてきた内容なので

本来なら有料のレッスンでお伝えする内容になります。

 
ですが、
今回無料で配布しているのには
訳があります。
 
 
1つには、僕自身が経験したことを伝えていく事で、

僕と同じように

「本番中に演奏出来なくなる」という
苦しさから抜け出し、

あなた自身の音楽を楽しむ心を
取り戻してくれればと思うからです。

 
 
 
僕は、音楽とは音を楽しむもの、
演奏することに喜びを感じるものであってほしいと考えています。
 
 
 
 
純粋に、子供が遊ぶように
楽器から音を出すのを
楽しむのも良いし、
 
難しさや困難を乗り越え、
努力して
自分の演奏レベルを上げていく
難しい曲を演奏出来るようにしていく
なんて事でも良いでしょう。
 
 
「音を合わせる」という
非言語のコミュニケーションで、
嬉しさ、悲しさ、勇気といった
「感情」を
共演者やお客さんと共有する。
そんな楽しみ方もあるでしょう。
 
これを読んでくれる一人一人が、
それぞれ音楽の楽しみ方を持っていて
それが違っていたって良いのです。
 
 
 
大事なのは、
あなたが音楽とどう関わり、
どんな風に演奏していきたいのか?
 
あなた自身のやりたい事は?

音楽活動のどこに
喜びを見出すのか?


これを再発見する事です。

自己否定は、
その発見を邪魔してきます。
 
 
だからこそ、
その習慣を変え、一人一人が
音楽とどう関わって
生きていきたいのか?
再発見する手伝いをしたい。
 
 
 
全ての演奏者が

喜びと共に、もっと自由に、
音楽と歩みながら
人生を楽しむ

そんな世界を実現したいんです。
 
 
 
もう1つは、
レポートを通して「竹内ヨシタカ」という人間と実力を知ってもらえたら
 
その中の何人かは、
僕の有料レッスンやサービスに
興味を持って頂けるのではないかと
考えているからです。
 

つまり、
このレポートを通して、

 
僕のレッスンや、
どんな内容を教えていくのか、
あなたに、モニターとして
体験して頂きたいと思い
無料で提供する事に決めました。
 
 
ただし、
申し訳ありませんが、
対応できるレッスン人数には
限りがあります。
 
もしこのレポートで
僕という人間に興味を持っていただき
レッスンを申し込んでいただいたとしても
 
全員のレッスンを
僕一人で受け持つことは
出来ないという事です。
 
 
そのため、
このレポートの公開は
「期間限定」
といたしました。
 
期間限定で、
レポートの配布をストップします。
 
今なら無料で手に入るので、
今日、今すぐにでも
このレポートを入手してください。

 

アドレスを登録して
無料レポートを今すぐ手に入れる

自己紹介