管楽器演奏に必要な「息を支える」って、どういうこと?

「息を支える」とは
腹筋に力を入れ続ける
という意味ではなく

「息を吐き続ける動きを
コントロールし、維持する!」
という意味です。

 

 
 
自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 

 

管楽器で音を安定させるために、
お腹の支え・息の支えというのは
必要な動作ですが、
では「支え」というのは
何のことでしょうか?

 
・腹筋の力で、横隔膜を支える?
・ふくらんだ肺を支える?
・上半身を支える?

…どれも正しくはありません。

 
管楽器演奏での「支える」とは、

息を吐き続けるための動きを

コントロールしつづける

ことです!

 
日本語の意味であれば、
「支える」は

・何かを持ち上げるイメージ
・重いものを落とさないよう
保ち続けるイメージ

みたいなイメージもありますよね、

何かを固定して、
動かさないようにする、
というイメージも、もしかしたら
あるかもしれません。

 
でも、本来「支える」には
もう1つ意味があります。

それが「維持すること」です。

 

治安を支える、法を支える、

これらの「支える」を
「維持する」に言い換えてみると、
それでも意味は通じますよね。

管楽器の演奏においても、
支えるというのは
維持するという意味の方が
適切なんです。

 
どういう意味かというと

・肺が落ちてこない様に支える

・上半身を動かないように支える
つまり「固定させるために支える」
のではなく
 

・楽器を吹き続ける為に
息を吐きだす動きを維持する

というのが、
「息を支える」「お腹を支える」
という言葉の意味することなんです。

 

固定するとか、そういう意味ではなく
動き続ける状態を維持する

いつでも自由に、好きな様に
動ける状態であり、
実際に動かす。
という状態の事を差してるのではと
僕は思います。

 
もし「もっと息を支えて」と
合奏で指導されたなら、

もっと活発に腹筋群などを使って
息を吐きだす動きを
もっとやってみてください。

 

きっと音が変わると思いますよ!

それではまた!





この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

☆★演奏者のためのステップアップ・レポート無料配布中★☆

僕が実践し、レッスンでも効果があった、演奏をレベルアップさせるコツ・自信を取り戻す方法など、これまでのコンテンツをまとめた電子書籍を期間限定で無料プレゼントしています。

緊張を乗り越え、自信を持って良い音で演奏するために必要なものを詰め込みました。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

ステップアップの為に、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFダウンロード形式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください