ソロを良い演奏で吹くため、1番に決めるべきは〇〇!

合奏でソロパートをもらった時に
1番にするべき事

それは
「どこでブレスするか決める!」
事です。

 
 
自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
こんばんは!
 
 

ソロパートが譜面にあるって
分かった時、
個人練習の時でも
なるべく時間をかけて
ソロをさらったりしますよね。

ソロをより上手く吹きたい!
これは誰もが思う事でしょう。
でも、ひたすら練習するだけで
ソロが上手く行くように
なるのでしょうか?

練習も必要ですが、
ソロを良い演奏にするため
1番にすることは、
「ブレスを取る場所を決める事」
です!

 
 
管楽器は、音を出すために
ブレスを取る必要があります。

毎回毎回、吹くたびに
「息が苦しくなって来たら吸う」
みたいなことをしていると

本番で、
どこでブレスを吸うか忘れたり、
緊張でブレスが取りづらくなる

なんて事もあり得るので、
上手く行かなくなります。

ブレスに余裕をもっていた方が
演奏しやすいし、そのために
あらかじめ吸う場所を決めた方が
良いんです。

 
 

そしてこの「ブレスを取る」事も、
ソロのフレーズに節をつけて、
より表現が深くなるのを
助けてくれるものです。

ずーっといつまでも音が続くと、
最初は「どこまで伸ばせるの?」と
興味がわいてきますが、

変化に乏しいと飽きてきますよね。

ブレスを吸うというのは、
フレーズに変化をつけてくれる
ものでもあるんです。

なので、フレーズのどの場面で
ブレスを取るかで
音の表情はかなり変わって来ます。

 
 

曲への理解や、
ソロに慣れてくるにつれて

「やっぱりここで音を切りたくない」
「もっとここまで音を伸ばしたい」

みたいな、
「こんな風に表現したい」
という気持ちも
出てくるでしょう。

その時はそれに合わせて、
ブレスを取る位置を
決めなおしましょう。

 
 

ブレスを吸うというのは、
管楽器を吹くためでもあり
フレーズに節をつけて
表情を変化させるためでもあります。

ソロを演奏することになったら、
まずブレスを取る位置決めから!

ピンと来たら
ぜひ試してくださいね。
それではまた!

 






★☆演奏がもっと上手くなるための
電子書籍を無料プレゼント!☆★

 

これまでのレッスンでも効果があった、

緊張を味方につける方法・演奏をレベルアップさせるコツ・演奏する自信を取り戻すやり方など、

コンテンツをまとめた電子書籍を、期間限定で無料プレゼントしています。

すでに500名以上の方にお読みいただいているレポートです。

緊張に悩んでいたり、更なるステップアップをしたいと思っている方や、

もう1度演奏する楽しさや感動を取り戻したいと感じている方は、ぜひ手に取ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください