【もっと上手くなる管楽器メール講座】~自分の音に自信を取り戻す365の方法~

【もっと上手くなれる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
読者登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

 

ただひたすら練習をしていれば、
いつかはきっと上手くなれる…。
そう思い続けて、
本当に上手くなった事がありましたか?

もちろん、練習も大切ですが
1番大事なのは

「あなたはどんな風に演奏したいか?」

という「あなたのやりたい事」です。

 

このメール講座では、
あなたが
どんな演奏をしたいかを再発見し

それを実現するための方法
お伝えしていきます!

 

・情熱をかなえてほしい!!

初めまして!

自己否定するほど
上手くなりたい…

そんな情熱を上達へナビゲート!

管楽器上達メンタルナビゲーターの
竹内ヨシタカです

楽器が上達したい!
という情熱

それが上手くいかずに
自分を追い詰めていった
自己否定という苦悩

僕自身も同じように
悩み続けてきました。

なぜなら、僕自身も

目の前の吹けない曲や、
出来ない技術を練習することだけしか
考えてこなかったからです。

その結果、自分の思うとおりに
吹けたことも無く、

「吹けないのは
自分の練習が足りないからだ!」と
決めつけて、自分を追い込んでいき、

練習→失敗→自分を責める→また練習
という循環から抜け出せない
ままでした。

 

そこから学んだことは

「目の前の課題だけをどうにかする」
ではずっとそのまま!

自分がやりたいことを知り、
そこに向けて行動することが

課題だけをやるより、
はるかに自分の演奏が上手くなる
という事です。

 

自分の出来ないと思う事だけ
練習してしまうと、
出来ないことををどうにかすること
だけが
大事になって、いつしか

どうして演奏をやりたいのか、
どんな風に将来演奏してみたいのか?

を忘れてしまいます。

 

だから、
いつの間にか出来ない事だけを
克服することが目的になって、

失敗するたび何回やっても
上手く出来ない事を責めだし、

ひどくなると
・出来ない自分は演奏しちゃいけない
・こんな演奏を人前でしちゃいけない。

なんて事を考えてしまいます。

 

でも、どんな演奏になっても
あなたは演奏して良いし、

今思うとおりに吹けなくても、
永遠にそのままなんてことは
絶対にありません!

 

なぜなら、演奏でどんな失敗をしても
また音を出すことは
誰もが出来るのだし

上手くいかない今のやり方を
ほんの少し変えるだけで、
あなたは今まで以上に
素晴らしい演奏が出来るからです。

 

・メール講座の詳細

このメール講座では、

・頑張り続けて上手くいかず、
それでもなお
上手くなりたいという
熱い情熱を持つ演奏者の方々や

・もうつらい修行はしたくない!
楽しんで演奏できて、しかも
上手くなれる方法が知りたいという
音楽を楽しみたい演奏者の方々、

・今の現状を何とかしたい
今悩んでいる事を、
誰かに相談して解決したいという
悩みを解決したい演奏者の方々など

 

こんな演奏するのが大好きで、
今よりもっと上手くなりたい
あなたに向けて

 

 ・楽器をもっと演奏しやすく!
 演奏がもっと楽に自由になる
 身体の使い方

 ・自分の音に自信を取り戻す!
 メンタルのお悩みを解決する
 メンタルアドバイス

・緊張を本番に活かす方法
 もっと吹くのが楽しくて仕方なくなる
 演奏がもっと良くなる
 様々なアイデア

こういった内容を元に、

管楽器がもっと上手くなり
あなたの音に自信を取り戻す方法
をお伝えしていきます!

 

僕自身も悩み続けてきたからこそ
「もっと上手くなりたい!」という
あなたの熱意が良く分かります。

だから、このメルマガで
あなたのような演奏者が

演奏に向ける情熱や望みが叶って
音楽をする楽しさを
取り戻してほしい!

そういう願いをもって
書き始めました。 

 

このメルマガで発信する情報が、
メールを読むあなたにとって

素晴らしい演奏が
出来る支えとなり、
音楽をもう1度楽しむ手助け
となれば、とても嬉しいです。

 
【もっと上手くなれる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
読者登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

 

 

このメール講座で
読んでいるだけで様々なお悩みが
解決したという感想を
いただいています。

その1部をご紹介します。

 

 読者の方の声

小川原さん・50代
自営業・フルート

 

初めまして。
いつもメルマガを送っていただいております小川原と申します。

現在57歳 女性(自営業)
市民吹奏楽団でフルートを吹いています。

中学の頃に始めた吹奏楽が止められず、ブランクは20年あったのですが(子育て、仕事・・)
再開して16年になります。団内では最年長です。

 

今まで何の不安も迷いもなく
演奏することが楽しくて仕方がなかったのですが、
昨年2月頃から

「いつまで続けていていいのだろう?
技術は確実に衰えているし
皆のお荷物でしかなかったら

さっさと辞めた方が
いいのではないか?」
の不安や

団内での人間関係のトラブルで
打ちひしがれていた時、

アレクサンダーテクニークに出会いました。

考え方が私の生き方に
すごく近かったのですぐに飛びつきました。

 

竹内ヨシタカさんの
もう1度管楽器が好きになる!
より楽しく
理想を叶えるサポート

のキャッチが目に留まり購読に至ったという訳です。

その時の私は、
メンタルがボロボロでしたので
メルマガを読みながら何度も涙しました。

 

涙を流す度に少しずつ元気を取り戻し、
同時に技術面にも効果があり、
吹くことそれ自体が楽しくなりました。

 

またみんなと一緒にこの団で演奏できるようになり、
昨年11月のコンサートでは
今までに感じたことの無い喜びと充実感で胸が一杯になりました。

心からありがとうございました。

これからも楽しみにしていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

二宮さん・50代
楽器:ギター

 

失礼します。竹内さま、
二宮と申します。52歳です。
担当はギター🎸を演奏しています。

いつも、参考になるのは、背中、首の操作です。
勧めたいのは、私のように力み癖のある方です

 

 

Tさん・50代
楽器:テナーサックス

竹内様
 
初めまして。
大阪でテナーサックスを練習中の
Tと申します。
今年で50才になります。
 
竹内さんの数々の助言は
とても心に響きます。
特に自己否定になる程熱心、
という言葉。
 
僕は正にそんな感じです。
メンタルが弱すぎます(≧∇≦)
 
ライブでも、あんなに練習したフレーズにチャレンジ出来ずに、
安易なソロを吹いて
結局つまらないソロに…。
途中からテンパってしまって、コード進行を
無視してキーコードのみで外しながら吹いてしまう。
情けないです。
 
竹内さんの
言葉の気に入ったものは、
メモして
たまに友達に見せたりしています。
 
少しでも上手くなりたいです。
いや、すごく
上手くなりたいです(≧∇≦)
 
これからも宜しくお願い致します。
 
 
 
 
秦こうたさん
楽器:ギター・ボーカル
 
 
竹内ヨシタカ様
初めまして。
奏こうたと申します。
 
 
いつもメルマガありがとうございます。
私、ギタリスト兼ボーカリストなのですが、
 
竹内さんのメルマガは
いつも
 
「音楽をやる上で、見失っていた本当に大切なこと」
に気づかされます。
 
今回の
 
「これまでの自分に感謝をするとは、
これまでの自分を認めてあげる事
 
まさにその通りですね。
 
 
自分はあの人よりへたくそだ
あの人の方がいい歌歌う。
いいギター弾く
 
ということばかりいつも目がいってしまいがちで。。。。
 
ちゃんと今の自分を見てあげてなかったかもしれません。
 
 
これからは少しずつ、自分のできた事
自分の音楽・フレーズを認めて
好きになって
その進歩を褒めてあげようと思います。
 
 
 
 
S.Yさん
楽器:フルート・オカリナ
 
いつもメルマガに背中を押してもらっています。
最近オカリナとフルートを再開した者です。
 
今日のメルマガで、
役に立っていますよと少しだけ感想を書いてみたいと思いました。
 
 
「始める年齢は関係ない!やりたいときこそスタートライン」
 
このブログ記事からたどり着きました。
まずこの言葉に目が行き、
楽器は何年もやっていないのに、今から上達できるのか…。
 
これに対する答えが、
「始める年齢は関係ありません」でした。

この文章だけでメルマガを登録しようと思いました。
まさに今の自分に当てはまることだったからです。

とはいえ、読み始めた時は、対象は音大生とか、
ずっと演奏している人が
スランプに陥った時の処方箋なんだろうと思っていました。

 
それが違うということがわかったのは、
「音が出るだけでもすごいこと」というくだりです。

昔から音楽は好きだし、
上手に演奏している人を見ると、
自分でもできるようになれたら素敵だなあと思っていました。


子育てがほぼ終わって自分の時間が持てるようになってから、
ある意味初めて本気で音楽を聴くようになりました。
スコアを買ってオケのCD演奏を聴いたのも初めてのことです。

昔の吹奏楽仲間たちが今でも楽器を続けていて、
コンサートに出ていたので、
かなりの頻度で聴きに行きました。
 
私は聞くだけでいいやとしばらく思っていたのですが、
どうしても吹いてみたくなり、
一年半くらい前にフルートとオカリナの練習を始めました。
 
 
フルートは若い頃個人レッスンや吹奏楽サークルで
通算13年くらい吹いていたのですが、
 
上手くなれそうな手応えもなく、
無理だと諦めていたのです。

でも、初心者よりはマシだろうと、

フルートを再び吹いてみましたが、
うーん今ひとつだし、
やはり上手くいかないものだと。才能ないな、と。
 
オカリナなら音も出やすいし音域も狭いし、
楽そうと個人レッスンで習い始め、
youtubeで素敵な演奏を聞いたこともあり、
すっかりはまりまして、練習を続けています。

しかし、少し吹けるようになると、

あれがダメ、これがダメと目につくようになりました。
 
やはりフルートと同じでもはやこれまでか…と、
たったの一年で思っていたところにこの記事と出会いました。
 
そうか、そう考えればいいんだ、と思ったのが、
一連のメルマガの中の、
 
「音は出すことができる、楽器を持つことができる」
の一言でした。
 
それだけでもすごいこと。
そのレベルから始めてもいいんだ。
そこから少しでも上手くなりたいと思えばいいんだと気持ちがすっと軽くなり、
読んだ直後にフルートを取り出していました。
 
一年半前に簡単なメンテナンスに出して、
音が出るのを確認してもらった30年もののフルートです。
 
先ほども書きましたが、
少し吹いてみたけれど手応えもなく、
無理だとほったらかしだったフルートです。
 
そこで今日吹いてみた感想をお伝えしたくなったというわけです。
 
 
なんと初めてフルートに手応えを感じることができたのです。
 
 
下手なところはたくさんですが、
半年前よりはいい音してる。 とか、
 
できなかったビブラートがかけられるようになってるとか、
いいところに目が向けられたのです。  
 
 
まだまだだけど、
どこを練習すればいいかがおぼろげながらわかったように感じました。
再びスタートラインに立てそうに思えました。
 
オカリナも昨日の自分より上手くなりたい、
それでいいのかなと、
苦手なところを練習すればそれだけでもいいんだと思えるようになりました。

理想は自分が伸びればそれだけ遠ざかる、

と書いてありましたね。なるほどと思いました。
 
言葉で聞くと腑に落ちますね。 嬉しかったです。
 
フルートを10年以上もやったのにという呪縛から放たれたのかもしれません。
 
 
楽団に入っているわけでもなく、
個人でなんとなく吹いているだけの自分なので、
楽器を持つことができる、
音を出すことができる のレベルですが、
 
どうせならオカリナもフルートも素敵に吹けるようになりたいと思うようになりました。
 
このメルマガはどんな人におすすめか、
ソロをカッコよく吹ける仲間に劣等感を隠し持って、
演奏したいのにためらっている人、でしょうか。
少し前の私のような。
 
 
以上、長文で失礼いたしました。
これからもメルマガを楽しみにしております。
楽器は違いますが、
お聞きしたいことが出てきましたら質問したいと思います。
その時はよろしくお願いします。
 
~~~~~~~~~~~~~
 

~今なら期間限定の
メルマガ登録特典プレゼント
差し上げます!~

もう自己否定なんて必要ない!
本番の舞台で実力を発揮して
楽器演奏を楽しめるようになる方法をまとめた
メンタルガイドブック

期間限定で、
メルマガを読み始めてくれたあなたに
プレゼントします!

  登録は↓↓↓から!!
 
【もっと上手くなれる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
読者登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

注)登録後に、本人確認のメールを
送信いたします。
確認メールのリンクを
クリックしていただくと
メルマガの開始となります。

注)ガラケーやスマフォ以前の古い携帯では、
文字化けや送信されない場合があります
Gmailなど、パソコンのアドレスでの登録をオススメします。