相手目線に立って、演奏を客観視すること!

1人で練習するときに、
上手くなるために必要なものは

「自分がお客さんだったら、
この演奏を聞いたらどう思うか?」
という客観視です!
 
 
 

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!

「もっと自分の練習でも
上手くなりたい!
上達が感じられるような
練習をしたい!

どうしたら、こんなことが出来ますか?」

ある時、メルマガでこんな質問をいただきました。
あなただったら、
どう答えますか?

僕は、上達を感じたいなら

「自分がお客さんだったら、
この演奏を聞いたらどう思うか?」

という客観視で演奏をする、

もしくは演奏を録音する

というやり方をお勧めします!

僕も、練習の時に必ずやっているのが
自分の演奏を録音することです。

やった方はご存知かもしれませんが
自分の演奏している時の音と
録音した音とを聞いていると

けっこうイメージと違うという事
ありませんか?

 

フレーズの終わりの音が
思ったより綺麗じゃなかったり、

もっとダイナミクスに
差をつけて演奏する方が良さそうだったり。

演奏を録音したほうが、

次にどういう風にすれば

もっと良いものになるのか?

非常にわかりやすいんです!

ですので、録音が
おススメの方法の一つです。

 

「でも、自分1人で演奏を録音しても
ただの自己満足になるんじゃない?」

こんな疑問を持つかもしれません。

でも、本当に
自己満足の演奏になるのだったら、
そもそも録音して
自分の演奏を聞こうとはしません。

 

録音したら、ある意味
逃げ場のない演奏というか、

自分が出した音そのままを
じかに聞くことになります。

出来たところも、
上手くいかなかったところも、
全て結果として出てくるわけです。

自己満足の演奏とは、
自分が出した音が、どんな音でも
1番良い音だ!と思うような演奏です。

だから、本当に自己満足の演奏を
しているなら、

そもそも自分の演奏を録音しようとか
もっと良い音楽にしようとか
そういうことは思わないんですね。

 

だから、自分の演奏を
自分で客観視しようとするのは
自己満足ではなく、

自分の演奏に
責任感を持っている事になるんです!

「この演奏を聴いてもらって
お客さんは笑顔になってくれるか?」
自分だけじゃなく、お客さんの満足を
考えているという事なんですね。

 

お客さん1人1人の
演奏を聴いてどう思うか?までは
コントロールできませんが、

あなたがお客さんと同じ立場で
演奏を聞いたらどう思うか?
想像することは出来ます。

そのために必要なのが、
あなたの演奏を客観視することや
録音機というわけです。

そして、あなたが良いと思った演奏に
聞いている人をご招待するように
演奏をするんですね。

ですので、
あなたがあなたの演奏を、
聞いていてどう思ったか?

その感想を大事にしていいんです。

自分の演奏を客観視で聞くために
演奏を録音し、
自分の感想を持ってみる事

ピンと来たら、ぜひお試しください。

それではまた!

 
 

あなたの音楽と演奏を
さらに楽しく進化させる
無料メール講座