演奏の時の考え1つが、身体を固くする原因?!

本番で上手く吹けない時に、
自分の体に感じる固さ…。この固さは
自分が何を考えているか?
によって生まれてきます。
 
自由で楽しい演奏を取り戻すため
「思考の毒抜き」をやってみましょう!
 
 
自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
こんばんは!
 

本番前にひどく緊張して
どうしてもうまく演奏出来ない…。
これって、必ずレッスンで
1度は聞くお悩みです。

 

お悩みの方が
ここでよくやっているのが、
・間違えちゃいけない!
・良い音で吹かなきゃいけない!

…みたいな「~しなきゃいけない
という言葉を、自分に
かけている事です。

 

実はこの「~しちゃいけない」こそが、
本番で体が固くなって
上手く吹けなくなる原因です!

 

 

演奏前に「絶対に間違えてはいけない!」
なんて思いながら演奏しようとすると、
身体はどんな反応をするでしょうか?
 
 
ちょっと想像してみてください。
 
 
…いかがでしょう?
演奏したくなくなったり、
身体がなんとなく
固く、縮んだ感じになったのでは
ありませんか?
 
 
思考と身体は、つながっています!
 
自分が身体を自由にしようと考えれば
身体は自由に動けますし、
自分が身体を固く縮めようとすれば
身体は固く縮まっていきます

 

じゃあ、どんなことを考えると
自分が縮まるんでしょうか?
 
 
 
1つには、危険から自分を守る時
防御のために身を縮めようとする
動きが起きるんですね。
先ほどの例だったら、
「絶対に間違えてはいけない!」
「間違えたら自分は音楽を続けられない!
演奏が失敗になる!」
という危険を想定して
「その危険から自分を守るために、
防御態勢を取ろう!」
と無意識に考え、
身体を固め、縮こませる訳です。
 
 
 
…さて、ここまで見ていて、
皆さんは何か気付いたかもしれませんね。
 
 
そう、実はこの考え方だと、
ありもしない危険」を想像して、
身体を固めてしまっているんです!
 
 
事実ではない、想像上で
自分を制限してしまう考えが
いわゆる「思考の毒」なんですね。
 
 
 
こういう思考の毒を見つけて
それを取り除いてみると、
 
不思議なことに演奏も楽に、
吹きやすい様に変わってくるのです!
 
 
 
自分がどんな考え方をしている時
身体は演奏に望ましい状態になっているかどうか?
 
ぜひ観察にチャレンジしてみてください。
それではまた!
 
 
 

あなたの音に自信を取り戻し
もっと上手くなるメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です