・今やっているのは音楽の練習?それとも演奏であがるのを克服するための練習?

今練習しているのは、
音楽を演奏するための練習ですか?
それとも
緊張しても、いつも通り演奏する、
「あがる」のを
克服するための練習でしょうか?
 
 
自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 
 
 

練習しているとき、
いつの間にか
「ここはこういう失敗を
しないように演奏しよう」とか

考えているときがありませんか?

(実は僕も、気が付いたら
やってる時があります!) 

 

 

演奏上の失敗って
起こしたくて起きるモノじゃありません。
いつもは失敗が起きない部分で

・音がひっくり返る

・次の音を忘れてしまう、

・音を外す

みたいなことが
起きてしまう時もありますよね。

 

 

そして練習を繰り返すほど、
例えば自分の癖として
こういう失敗をしやすいから、
こういう対処をしておこう!

何が起きても
大丈夫なように備えるため

失敗に対処するための
練習を重ねる事もあるのでは?

 

実はこういう練習って、
失敗を起こす動きも
一緒に練習している事にもなるのです。

失敗に対処する練習だけじゃなく、
創造的な練習も組み合わせてみましょう!

 

 

脳や身体はとても優秀で、
起こしたいと思った動き
そのままに動きます。

 

ですが優秀であるがゆえに
先ほどの失敗に対処する練習だと、

本来なら起きてほしくない
起こしたくない失敗が
起こる前提での練習
しているので、

失敗するの動きを練習している事

にもなるんですね

 

「こういう失敗をするだろうから…」
こんな風に考えることが、
失敗前提で練習している事に
つながるわけです。 

 

少し話題からは外れますが、
演奏での失敗そのものは
何も悪いことではありません

失敗によって
次への課題を見つけることも出来ます。
演奏の失敗は誰も傷つけはしません。

 

失敗した音を聞いても、
全く気にならない人も、
気付かない人もいます。

 

人を傷つけないアクシデントである
演奏上のミスで、
誰かに罪悪感を持つことはありません。

 

ただ失敗すると、自分の悔しさは
強く感じてしまいますよね。

 

くやしさが強いほど、

演奏に強く情熱をかけて、
それが出来なかった時ほど、

後悔のような感情が強く残り
同じ思いをしないために
練習を重ねる時もあるでしょう。

 

だけどこの
失敗に対処する練習が有効なのは

・何が原因か考えて

・それを解決するためには

どうしたら良いか?方向性を決めて

・実験してみる

ところまでです。

 

対処の練習ばかりでは
結果的に、自分がやりたい演奏を
実現するには足らないのです。

 

だからこそ、
自分のやりたい演奏を思い描き、 
創造的な練習をしてみるのが
大事になります。

 

創造的な練習とは?
詳しくは明日お話します。
気になる方は、お楽しみに!

こんな記事が毎日届くメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です