そもそも、なんで管楽器には腹式呼吸が必要なの?

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
こんばんは!
 

管楽器を練習したり、
勉強したりしてると、
必ず「腹式呼吸」という言葉に
当たりますよね 。

何で普通に「呼吸」ではなく
「腹式呼吸」なのか
((customer_name))には
理由が分かりますか?

実は、お腹を使った方が
息を吐く力が強くなります!

だから管楽器では
腹式呼吸が必要になるんです。

普段している呼吸は、
特に意識せずとも

自然に出来ますよね。

この時、身体のどこが
動いているでしょうか?

…胸の辺りですよね。

上半身、胸の部分にある
肺が動いて、呼吸が出来るのだから
呼吸するとき胸が動くのは
当たり前ですね。

この呼吸が自然呼吸、
胸式呼吸と呼ばれるもので、

血液に酸素を取り込み、
循環させること

僕たちは生きているんです。

でも、管楽器を吹くには、
胸式呼吸のパワーでは足りません。

特に息を吐くときの力が、
自然呼吸では
全然出せないんですね

自然呼吸は、生命活動のために
酸素の取り込むのが目的。

酸素を取り込んだ後は、
ただ吐き出すだけ。

そういうメカニズムとして
僕たちは生まれ持っているんです

だから息を吐きだす能力は、
それが必要なら
後天的に育てる必要があります。

息を吐きだす力を
強くしないと、管楽器は吹けません
じゃあどうする?

…そこで、腹部の辺りの筋肉や、
下半身、股関節辺りにある
筋肉を意識的に使う事で、

息を吐きだす力を強くする。

これが、腹式呼吸なんですね。

まとめると
「自然呼吸では足りない
息を吐きだす力を、 

お腹の方にある筋肉群などを使って

意識的に高めているのが
腹式呼吸

だから管楽器では、
腹式呼吸が必要になる」

という事なんです。

今日は
マメ知識的な内容でしたね(笑)

それではまた!

こんな記事が毎日届くメール講座

【もっと上手くなる管楽器メール講座】
~自分の音に自信を取り戻す365の方法~
http://joyfreemusic.com/yoshitakamerumaga

完全無料で配信しています。
もっといろいろなことが知りたい方は、
この機会にぜひ登録をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です