譜面落ちを防ぐ方法はこれ!見てすぐ使える、3つのアイデア

自己否定するほど
上手くなりたい….
そんな情熱を上達へナビゲート!
 
管楽器上達メンタルナビゲーター
竹内ヨシタカです。
 
 

吹奏楽・オケ・オペラなど、
1曲の長さが
とても長い曲って演奏したことがありますか?。

特に吹奏楽やオケだと、
10分、20分ずっと演奏しっぱなし
という曲も多いですよね。
 
もしかしたら覚えがあるかもしれませんが、
長い曲って、集中してても

「あれ?今どこ演奏してたっけ?」と

自分の演奏していた場所を
見落としてしまいがち。

今回は、そんな譜面落ちを防ぎ、
落ちたとしてもすぐにリカバリー可能になる、
そんな3つのアイデアを紹介します!

 

1.譜面にまめ譜などを書き込む  

自分がまた演奏しだす前、
長い休符の間に、
どのパートがどんなメロディを演奏しているか? 
または、シンバル、チャイム、銅鑼など、
特徴的な打楽器が何か音を出していないかとか。
 
 
スコアを確認しながら
他のパートの音を譜面に記したりしておくと
今どこの部分を演奏しているのか、
分かりやすくなります!
 
特にあなたが、また演奏に加わる
8小節くらい前にまめ譜があれば
演奏の準備がしやすいですね。
 
元々まめ譜が付いている親切な譜面もありますが、
自分にとって1番分かりやすい形で
音を譜面に書き込んでおくと
良いと思います。
 
 

1-2.印象に残る音をメモする

 
まめ譜とは少し違いますが
 
演奏の最中に、あなたの耳に印象に残った部分

どの楽器が、どんな風に演奏したり
またはソロを取っているか?

 
 
そんなところを譜面に書き残しておくと、
何かの拍子に譜面から落ちてしまった時でも
復帰しやすいでしょう。
 
落ちてしまったとしても、
また戻ってこれればそれでOKなんです。
 
 

1-3.休符を分割する

まめ譜とは違いますが、

演奏の長い休みの時、
例えば32小節の休みだったら

素直に32小節数えて待つのって、
ちょっと大変ですよね?

 
そんな時は、
36小節を8小節ごとに区切って
休符の下に1.2.3…と書き込んでおく、
なんてやり方もあります。
 
 
グループ化としてまとめて、
全体のカウント数を少なくする、
というやり方です。
 
これも、休符をカウントしやすく
また演奏に入りやすくするための工夫です
 
 
 
 

2.リハーサルマークと曲の雰囲気

 

 
 
 

 リハーサルマークを見る

 
譜面によくある
A・Bなどを四角で囲ったマーク。
 
あれは
リハーサルマークという名称です。
 
あのマークは段落ごとや、8・16小節ごとに
書かれている譜面もありますが、
 
曲の雰囲気や、旋律を吹くメ楽器、演奏の何かが変わる場所に
マークが付けられてることが多いです。
 
そのため、リハーサルマークを見ながら
ここはこの楽器がメインで演奏してる
ここは静かな雰囲気になった
 
というのをスコアで確認すると
リハーサルマークに合わせて
どこがどんな風に変わるのを感じ
「Cではこうなる!Eではああなると」と
覚えられて、復帰しやすくなります。

 

 落ち着いて、周りを見る

 

どうしても戻る場所が見つからない
ロストしっぱなしになったら、
思い切って演奏を止めて
演奏している振りをしながら
周りを観察しましょう!
 
訳が分からないまま音を出すより
周りの音楽に合わせるのが
合奏では大事になります。
 
合奏では、1人1人のソロではなく
パート毎にまとまって演奏している場合が多いです。
 
もし自分の吹く場所を見失っても
隣の人、もしくは前にいる同じ楽器の人が
楽器を構えた時、
皆さんとtuttiで演奏するシーンかもしれません。
 
そういう盛り上がりでの場所を知っておけば
そこでみんなと、合流することも出来ます。
 
 
 
いかがだったでしょう?
譜面から落ちるのを防ぐ3つのアイデア
気に入ったらぜひお試しください。
それでは!
 
 
 
もっと色々なアイデアが知りたい!
演奏に役立つ情報が欲しい!
と思われる方は
 
 
を無料でご購読いただけます。
この機会にぜひ登録をどうぞ♪1
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です